最近のニュース



12月1日付
まちづくりに児童提言
 みんなで考える大崎市の「今」「夢」「未来」−。市内の小学生が意見を交わす「第16回おおさき子どもサミット2023」は28日、市議会議場であり、まちづくりに関する大人顔負けの提言が市と市議会、市教育委員会の関係者らをうならせた。コロナ禍のオンライン開催を経て対面実施は3年ぶり。ホスト校として運営と議事進行に当たった大貫小をはじめ9校計30人が議場、ほか10校計21人が傍聴席で参加した。メイン行事のパネル討論では、近年赤字が目立つ陸羽東線(古川−鳴子温泉駅間)の乗降客増と、世界農業遺産「大崎耕土」の自然を生かした地域活性化策に話題が集まった。古川第二小のアイデアは、耕作地を生かした田んぼアートや季節の花が楽しめる新たな観光スポット創出。沼部小は国内有数の渡り鳥の越冬地「蕪栗沼」を目玉に、地元田尻に多い遺跡や文化財を巡るスタンプラリーを発案し、ともに旧城下町に建つ松山、岩出山両小学校は歴史と文化を市内外に発信する動画作成、オリジナル駅弁開発と絡めて行う陸羽東線乗車ツアー構想をそれぞれ打ち上げた。

新米「ささ結」贈る
 お米で結ぶ友情の輪−。大崎市は15日、姉妹都市・東京都台東区に今秋収穫されたばかりの「ささ結(むすび)」2・14トンを寄贈した。旧古川市から引き継ぐ恒例事業。この日は伊藤康志市長が台東育英小を訪問し、代表児童に米俵と目録を手渡した。世界農業遺産「大崎耕土」で育ち、すぐれた高温耐性で今夏の記録的猛暑でも9割超の1等米比率を確保した新米は区内全ての保育所、幼稚園、小中学校で振る舞われる。


(最終更新2023/11/30/Thu/17:12:24)



12月1日付
育てた食材 給食で味わう
 加美町西小野田小は28日、児童が学習活動で育てたコメ、地元の伝統野菜「小瀬菜大根」など学校産の食材を使った給食を実施し、子どもたちは地域の農業に理解を深めながら味わった。コメ(ひとめぼれ)、小瀬菜大根の栽培は、5年生が地域を学ぶ総合学習で校内の田んぼ、畑で取り組んだ。コメは田植えから刈り取り、脱穀など稲作の流れを体験。小瀬菜大根は学区内の小瀬地区に伝わる野菜で、8月に種をまき、11月収穫した。小瀬菜大根は根の部分が小さく、葉を漬物にすることが多いが、この日の給食では「ゆでた後に炒め、ご飯に混ぜ込んだ」と、調理員の菊地丸美さん(64)。このほか、全校児童が育てたサツマイモはみそ汁の具となり、厚焼き玉子などがおかずとして提供された。

平野部でも朝から雪
 30日の県内は冬型の気圧配置や気圧の谷の影響で冷え込み、東部、西部ともに朝から雪や雨が降った。大崎地方の平野部でも雪が積もったところがあった。アメダスによると、この日の最低気温は大崎市の川渡で0度、古川で0・2度、鹿島台で0・7度を観測。日中も気温は上がらず、正午現在で川渡2度、古川3・7度、鹿島台4・9度だった。この冷え込みで、川渡では午前8時までに11センチの積雪を記録。平野部でも朝方にかけて雪が降り、古川では家の屋根や車に薄く雪が積もり、出勤前に車の雪を落とす人の姿が見られた。

津波体験者の講演開く
 近年相次ぐ水害を受けて防災について学ぶ出前授業が21日、美里町中埣小であった。全児童85人が、東日本大震災の教訓を訴えている名取市不二が丘小校長、荒明聖さん(60)=仙台市=の話を聞いた。震災で、荒明さんが教頭を務めていた東松島市大曲小にも津波が押し寄せた。避難マニュアルになかった校舎3階に児童を避難させ、全424人の多くが助かったが、帰宅途中の9人が亡くなり、2人が依然行方不明という。荒明さんは講演で毎秒10メートル進む津波の速さに触れ、「津波を目の当たりにしてから逃げても追いつかれる」と強調。「高さ30センチの津波でも足をとられてしまう」と指摘し、児童たちに物差しで地面からの高さを測ってもらった。震災から3日目にして初めて口にした食料は食パンの6分の1枚ほどだったといい、「災害は待ってくれない。そこで前もって持ち出し品などを準備しておくことが大切になる」と訴えた。

“農業女子”が政策提言
 倏清判子瓩砲茲襦岼貽女性農業委員会」が6日、大崎市役所で開かれ、市と農協への政策提言に向けて活発な意見を交わした。生産者をはじめ、農業系高校の生徒、農業活用の地域づくりを学ぶ大学生ら計20人余りが参加。議論のテーマは「販路開拓」「高付加価値化」「ICT農業、AI化」など多彩。女性ならではの視点とそれぞれ異なる立場で意見交換し、班単位で提言をまとめていった。くしくも全ての班から挙がったのは、近年急増中の鳥獣被害に関する要望。「もはやクマは珍しい存在ではない」「イノシシに水田の畦畔が何度も壊された」と狎犬寮辞瓩覗覆─抜本的対策と狩猟免許取得者増への支援を求めた。

飲酒運転根絶へ検問
 遠田署は22日夜、美里町北浦の国道108号を中心に大規模な飲酒検問を行い、飲酒運転に対するドライバーの意識啓発を図った。「飲酒運転根絶運動の日」(毎月22日)に合わせて実施した。忘年会などで飲酒の機会が増えるシーズンを控え、酒を飲んで運転しないように促す狙いもある。署員たちが国道上下2カ所のほか国道に接続する町道で通行車両を停車させ、運転手に検知器に息を吹きかけてもらい、呼気中のアルコール濃度を測った。約2時間の検問の結果、飲酒または酒気帯び運転は確認されなかった。

「半導体産業振興室」新設
 県は29日、台湾の半導体大手PSMCと日本の金融大手SBIホールディングスが大衡村の第二仙台北部中核工業団地に整備する半導体工場について、新たな部署「半導体産業振興室」を12月1日付で経済商工観光部内に設置すると発表した。当初は来年度の設置を検討していたが、前倒ししてスピーディーに対応する。

インフル流行さらに拡大
 県は30日午前、第47週(20〜26日)の感染症発生動向調査週報(速報)を発表した。大崎保健所管内(大崎市など2市4町)の定点医療機関からは、インフルエンザで513人の感染が報告され、前の週から約1・2倍に増加。県全体も約1・4倍となり、流行が拡大している。


(最終更新2023/11/30/Thu/17:12:01)



11月30日付
郷土食で「大崎耕土」PR
 県の「みやぎ食育表彰」で本年度、奨励賞を受賞した大崎市の食育団体「西古川ずんだシスターズ」が21日、市役所で伊藤康志市長に受賞報告を行った。同市西古川地区の有志で結成し6年目。大豆が原料の郷土食「ずんだ」作り教室を主な活動とし、教育機関の体験学習や留学生のモニターツアー受け入れなど、「ずんだ」を通じた世界農業遺産「大崎耕土」PRと食文化伝承に一役買っている。

鎌田村長賞に藤島さん(仙台)
 第6回鹿島台フォト展(鹿島台観光物産協会主催)の入賞者がこのほど発表された。大崎市鹿島台の政治家、鎌田三之助の生誕160年を記念して今回限り設けられた「鎌田村長賞」は、藤島純七さん(仙台市)の「秋の互市」が受賞した。藤島さんの「秋の互市」は、毎年春と秋に行われる伝統行事「鹿島台互市」を撮影した作品。東北最大級で知られる互市の露店と買い物客の様子を捉えた。


(最終更新2023/11/29/Wed/16:35:42)



11月30日付
創設60周年の節目祝う
 古川工業高化学工学科・化学技術科の創設60周年記念式典が25日、大崎市古川のグランド平成で開かれた。同窓生や教諭ら約80人が出席し、さらなる発展に向け思いを新たにした。化学工学科は1963年、全日制5番目の科として設置。90年の共学化を受けて女子生徒が入学し、96年に化学技術科に改編した。記念式典は同科卒業生でつくる「古工化学会」が主催。

地域づくりで日本一
 栗原市は6日、本年度の「あしたのまち・くらしづくり活動賞」(あしたの日本を創る協会など主催)で最優秀賞に当たる内閣総理大臣賞を受賞した同市花山の一般社団法人はなやまネットワークに「輝く日本一くりはら大賞」を贈った。あしたのまち・くらしづくり活動賞は、地域住民が自主的に運営している地域活動団体や、2年以上活動に取り組み成果を挙げている企業、商店街、学校などが対象で、今回は201団体から応募があった。はなやまネットワークは移動販売車で買い物支援を行っているほか、空き家を暮らせる状態に手入れし、移住者を受け入れており、住民ニーズを捉えた取り組みが高く評価された。

還付金詐欺相次ぐ
 県北部で28日、還付金名目の特殊詐欺で高額被害が出たことが相次ぎ分かった。いずれも電話で公的機関や金融機関を装い、ATM操作を促す手口。県警は「ATMで還付金はもらえない。不審な電話がかかってきたら最寄りの警察署か相談専用電話に連絡を」と注意喚起している。

新たなにぎわいの場を
 大崎市三本木の八坂神社境内で25日、「サンライズマルシェ」(三本木未来会議主催)が開かれ、市民が地元産の新米や新鮮野菜などを買い求めていた。春の「菜の花まつり」、夏の「ひまわりまつり」に続き、秋にも三本木地域でにぎわいの場をつくろうと、地域活動団体の同会議が実行委員会を組織して初めて開いた。


(最終更新2023/11/29/Wed/16:35:11)



11月29日付
「黒板アート」最優秀賞
 中高生が学校にある黒板とチョークを使って絵画を描く「黒板アート甲子園2023」(日学主催)で、古川黎明高の美術・陶芸部3年生6人が動画の部で最優秀賞に輝いた。同校の最高賞受賞は3年連続の快挙。同部はこのほか、同じ部門で優秀賞も受賞した。最優秀賞受賞作「乳世界」は、給食のご飯に合わず食缶に捨てられる牛乳の怒りと悲しみを描いた。頭部が紙パックの牛乳人間が頭をもたげると海や周辺に牛乳が注ぎ込まれていくというもので、描き始めから完成まで1分18秒の動画に仕上げた。審査員からは「一遍の動画として計算し尽くされた構成が素晴らしい」と評価された。作品はことし4月、約20時間かけて制作。三浦凛前部長は「多くの人に見てもらうことで給食の牛乳問題を考えてもらえたら」と喜ぶ。

生徒の熱い思いで商品化
 加美農高生が収穫した「だて正夢」の米粉とリンゴが原料の菓子「加美農生の米粉と林檎のパウンドケーキ」が、大崎市古川柏崎、寒梅酒造の洋菓子店「おやつ工房ハルリッカ」で期間限定で販売されている。両者のコラボ商品は初めてで、新たなコメの食べ方の提案にもなりそうだ。学校側から、寒梅酒造5代目蔵元でハルリッカオーナー岩真奈さん(39)に協力を依頼。岩さんも、地元の恵みを取り入れた「こころに春を呼ぶおやつ」に通じる点を感じ、レシピの考案を買って出た。猛暑の中、夏休みも田んぼに通ってコメを育てた農業科3年鈴木衣織さん(17)は「シナモンの香りとリンゴがぴったり。すごくおいしい」と満面の笑み。岩さんも「生徒の思いが熱かった。ほかの野菜や果物でも考案してみたい」と目を輝かせる。


(最終更新2023/11/28/Tue/17:05:20)



11月29日付
職場ぐるみで事故防止
 古川署管内の優秀安全運転事業所表彰伝達式が24日、同署であり、職場ぐるみで事故防止に取り組んだ3事業所の成果をたたえた。表彰は県警や自動車安全運転センターが主催して実施。同センターが発行する運転記録証明書(SDカード)を活用し、従業員の事故、違反の割合などでプラチナ、金賞、銀賞、銅賞のランクに分け表彰している。今回の表彰は5月1日から8月31日までの期間が対象で、東洋ワークセキュリティ宮城支店大崎営業所(大崎市古川)に金賞、一ノ蔵(同市松山)に銀賞、ホンダカーズ宮城中央古川江合店(同市古川)に銅賞がそれぞれ贈られた。

刺さない“はり”体験
 東洋医学を身近に感じてもらうイベント「はりきゅう・マッサージフェスティバルInおおさき」が26日、大崎市図書館で開かれた。訪れた人はプロによる無料施術を体験し、効果を実感していた。欧米で注目を集めているはり、きゅう、マッサージのイメージアップを図ろうと、県北鍼灸マッサージ師会が昨年から主催している。ことしも同会の会員が講演や講座を行った。昨年も人気だった無料体験コーナーでは、約50人がそれぞれの症状に合わせてはり、マッサージを1人15分間受けた。はりを体に刺さず、金属製の道具で皮膚を優しくなでたり押したりして自律神経を整える「小児はり」を体験した石巻市釜小2年の小野寺悠君(8)は「くすぐったくて気持ちいい」と笑顔。

現場実習の体験発表
 古川工業高建築科2年生の「産業現場実習」体験発表会が21日、同校で行われた。38人の生徒たちは、現場で学んだ成果の発表を通し、進路や社会に対する意識を高めた。同実習は、進路選択に役立ててもらったり、地域産業に貢献できる人材を育成したりすることが目的。同科卒業生でつくる「古工建友会」の協力で実施しており、19回目となる今回は10月10〜13日、大崎地域の15事業所と大崎市役所で実施した。生徒たちは、作成した資料をもとにグループで発表。建物解体・改修工事や内装工事作業の見学、測量、品質技術や設計積算の実習などを踏まえ、机上の学習が産業現場でどのように活用されているかを紹介した。また、「仕事に責任を持つ」「社会人としても、建物をつくるにしても、基礎、基本が大切」「仕事は準備が肝心。段取り八部」など現場で感じた仕事に対する心構えも発表。どのグループも有意義な実習だったと報告した。

思い思いに生地成形
 大崎市古川石森、ほなみの杜こども園で15日、年長児を対象にしたパン作り体験教室が開かれた。この日を心待ちにしていた子どもたちは生地を自由に成形し、焼き上げたパンを昼食に味わった。全ての親子にパン作り体験をと、全国約300人の講師が無料で教室を開く「日々のパン」の一環。生きる力を育む幼少期の食体験を重要視している同園が、大崎市内で一番先に依頼の手を挙げた。香ばしい匂いが教室中に広がり、動物や自分の顔を模したパンが焼き上がると、子どもたちから歓声が上がった。

栗原に合唱団発足
 学校や世代を超えて合唱に取り組む「くりはらどりぃむ合唱団」がこのほど、発足した。小学校のときはコロナ禍で、中学校でも合唱部がなく人前で歌う機会に恵まれなかった中学生4人の熱意が実現。今後はクリスマスイベントなどにも出場する予定で、さらに仲間を増やしながら好きな合唱の道を切り開く。発足のきっかけとなったのは、いずれも若柳小で合唱部に在籍した畑遥陽さん(12)、小島凜來さん(12)、千葉ののはさん(13)=いずれも若柳中1年=と鈴木永遠さん(13)=古川学園中1年=。小学校ではコロナ禍でコンクールなどに出られないまま卒業した。転機となったのは、ことし9月に同会館で開かれた、まちの音楽会「岩崎宏美・岩崎良美ふれあいコンサート」。共演する市民合唱団の一員となり、仲間とともに歌う楽しさを再確認した。

登米防火ポスター
 登米市防火ポスターコンクール(市消防本部主催)の表彰式が11日、同市南方町のイオンタウン佐沼で開かれた。最優秀賞に当たる登米市消防長賞に選ばれた石越小4年、酒井彩葉さんと津山中3年、佐々木日向さんらに表彰状が贈られた。市内小中学生の火災予防への関心を高めるとともに、市民への防火意識の普及啓発を図ることを目的に毎年開いている。本年度は26校(小学校18、中学校8)から227点の応募があり、小学校、中学校から登米市消防長賞を各1点、さらに優秀賞10点、努力賞15点を選んだ。


(最終更新2023/11/28/Tue/17:04:24)



11月28日付
仕事の苦労とやりがい実感=写真左=
 大崎市古川西小中学校の7、8年生合わせて85人が20日、大崎地方の事業場を訪れ、職場体験を通して仕事の苦労ややりがいに触れた。大崎倫理法人会に訪問先事業場の紹介を依頼。高齢者介護施設やクリーニング店、医療施設、幼稚園など17社18カ所を訪れた。このうち大崎市古川荒谷の金属リサイクル「国本エコクリーン大崎工場」では、生徒3人が仕事を体験。天井クレーンにつり下げた巨大マグネットを使い、工場に搬入された鉄類を荷台から降ろす様子を見学したほか、銅線の被覆を手作業でむく作業に挑んだ。

開放イベントにぎわう=写真右=
 大崎市民病院(同市古川穂波)の市民開放イベント「ふれあい健康フェスティバル」がこのほど開かれ、家族連れらでにぎわった。コロナ禍に伴い4年ぶりの開催。体組成や物忘れ検査、薬の調剤体験など医療にまつわる多彩なコーナーに列ができたほか、大崎広域消防本部の救急隊、消防隊による車両展示と救命救急の実演は親子に人気。アカペラのコンサートもあり、院内に美しい歌声が響いた。地元中学生を招いての職場体験会も同時開催。生徒23人は医療最前線の雰囲気を感じ取った様子で、感激の面持ちで記念撮影に収まった。


(最終更新2023/11/27/Mon/16:49:05)



11月28日付
強盗想定し模擬訓練
 金融機関を狙う犯罪が増える年末を前に、大崎市鳴子温泉の川渡郵便局で21日、強盗事件を想定した模擬訓練が行われた。鳴子署員が強盗役になって押し入り、局員たちが対応方法を確認した。旧玉造郡と加美郡の郵便局14局でつくる部会が企画。毎年、持ち回りで行っているが、10月31日に埼玉県蕨市の郵便局で起きた立てこもり事件を受け、ことしは加美町の小野田郵便局と同局の2局で実施した。訓練は、タイマー付き爆弾を持った犯人が静かに入店し、爆弾をちらつかせながら局員を脅して現金を奪って逃走するという想定。強盗役の署員は、持参した紙袋に現金を入れることを要求。声を荒げることなく「金を入れろ」とか、爆弾を見せて「これが何か分かるよね」などと脅した。局員が手作りの紙束200万円分を袋に入れて渡すとさらに要求し、計500万円を奪い走って逃げた。参加した局員4人は、非常通報装置のボタンを押したり、犯人の情報収集に努めたりと、落ち着いてそれぞれの役割を遂行した。

PTAの可能性探る
 大崎市PTA連合会は19日、研究大会を市田尻文化センターで4年ぶりに開いた。広島県府中市府中明郷学園学校運営協議会長の立石克昭さん(同市)と大崎市教育委員会の熊野充利教育長の講演を通じ、会員ら約150人がPTAの可能性を探った。立石さんは、府中市の小中一貫義務教育学校「府中明郷学園」(2017年開校、児童生徒数約250人)を教職員と地域住民が共同で運営する「コミュニティスクール」(学校運営協議会)について講演した。熊野教育長は「『普通』を基準にわが子のあら探しをしがちだが、大切なのは『宝探し』。誰にも苦手な部分がある一方で良いところも隠れている」と強調。心掛けたい言葉に「つらかったけどよく頑張った」「苦労に耐えたね」などを示し、「挽回し、失敗を乗り越える強さにつながる」と述べた。

事故と詐欺に注意を
 住宅メーカーのセキスイハイム東北(仙台市)は24日、自転車に取り付ける反射材と、特殊詐欺に注意を呼び掛けるちらしを古川署に贈った。宮城支店古川店の白鳥健店長、同支店の佐々木裕之渉外顧問が古川署を訪問。反射材100個とちらし200枚を千葉良朗署長に手渡した。同署管内のことしの特殊詐欺被害額(10月末現在)は483万円で、昨年同期より112万円少ないが、件数は10件で2件多い。また自転車の事故では13人が軽傷を負い、昨年同期の11人(重症3人、軽傷8人)を2人上回っている。

時疾風3場所連続勝越し
 大相撲九州場所は26日に千秋楽を迎えた。栗原市瀬峰出身の西十両8枚目、時疾風 (27)=時津風部屋=は8勝7敗とし、3場所連続で勝ち越した。来年の初場所ではさらに番付を上げる見通しで、幕内昇進に期待が膨らみそうだ。時疾風は、幕内優勝した西大関、霧島(27)=陸奥部屋=の優勝パレードで旗手を務めた。同じ時津風一門ということもあって指名されたとみられる。同じく栗原市瀬峰出身の西幕下49枚目、大畑(27)=時津風部屋=は3勝4敗と負け越した。序ノ口、序二段と2場所連続で各段優勝していた同市金成出身の西三段目21枚目、安大翔(18)=安治川部屋=は連勝記録こそ途絶えたが、今場所も5勝2敗と3場所連続で勝ち越した。大崎市古川出身の西序二段56枚目、謙豊(34)=時津風部屋=は1勝6敗だった。

張り子で現代アート
 仙台を中心に張り子の現代アートを制作している張り子野郎さんの作品展「好きに野郎ぜ!展」が23日から、栗原市栗駒岩ケ崎六日町、小道具屋古今で開かれている。独特な存在感を放つ作品が展示販売され、来場者を魅了している。12月12日まで。張り子はだるまや赤べこなど型枠に紙を張る伝統工芸。ちらしに掲載されている「さばよみカンフー野郎」をはじめ「ろくでなし野郎」「働く男野郎」「のんだくれ野郎」など個性的なネーミングで、つかみどころのない表情をしている。


(最終更新2023/11/27/Mon/16:48:52)






shiromuku(hu)NOTEBOOK version 1.00