最近のニュース



10月5日付
ヒガンバナ見頃
 大崎市古川小野の羽黒山公園は、ヒガンバナが見頃を迎えている。長引いた残暑の影響で開花が例年より2週間近く遅れたものの、丘陵を赤くきれいに染め、訪れる人の目を楽しませている。同公園はヒガンバナの群生地として知られ、1976年から地域住民が環境整備を実施。現在は地元ボランティア「羽黒山をきれいにする会」が下草刈りや株分けを行っている。そうした成果もあり、満開になると15万本が咲き誇る。ことしは残暑が厳しかったため、なかなか花芽が成長せず、ぽつぽつ咲き始めたのは9月下旬になってから。9月末になって最低気温が大きく落ち込んだことで、一気に開花が進んだ。

千葉さん(加美)に畜産局長賞
 2023年度県総合畜産共進会乳用牛の部(県畜産協会主催)が9月28日、美里町のみやぎ総合家畜市場で開かれ、県内一円から出品されたホルスタイン種が審査を受けた。月齢(1歳未満〜5歳以上)と出産経験別に10区分に合わせて30頭が出品された。このうち大崎地方の生産者や加美農業高など県北部から出品されたのは15頭で、全体の半数を占めた。県畜産試験場の菊地武場長ら審査委員3人が、各牛の頭や肩、尻など部位ごとの釣り合いや肉付き、乳房の発達ぶりなどを100点満点で審査した。上位2頭に贈られる名誉賞とともに農林水産省畜産局長賞に入ったのは、加美町下多田川の千葉義文さん(46)。30年近くにわたり乳牛を飼養していて、12年ぶりの名誉賞受賞となった。


(最終更新2023/10/04/Wed/17:25:31)



10月5日付
「エコ通勤」認証取得
 大崎市は2日、JR陸羽東線の利用拡大に向けて取り組む公共交通通勤デーが高く評価され、「エコ通勤優良事業所」の公的認証を得たと発表した。市自ら旗振り役となり、ほかの官公庁や民間企業にも通勤利用の輪を広げていきたい考えだ。国土交通省と交通事業者らでつくる「公共交通利用推進等マネジメント協議会」の認証制度で、職場ぐるみで環境負荷の少ない交通手段に転換してもらうことが狙い。同市の取得日は9月29日付。県内自治体では名取市に続き2カ所目という。毎月第2、第4水曜を公共交通通勤デーと定めている同市。開始時(5月10日)は対象職員794人の17・4%が陸羽東線を含む公共交通機関で通勤したが、夏場(8月23日)になると10・3%まで落ち込んだ。市陸羽東線利活用推進室は「猛暑の影響」と分析。「認証取得を機に再度(職員に)周知し、利用拡大を図りたい」と意気込む。

細倉の暮らしに思いはせ
 栗原市鶯沢の旧細倉鉱山の暮らしを写真に収め続けた寺崎英子さん(1941−2016年)を振り返るトークイベントが9月30日、栗原市栗駒岩ケ崎、みちのく風土館で開かれた。寺崎さんの家族や知人らが駆け付け、写真を見ながら当時の暮らしに思いをはせた。ことし3月に完成した写真集「細倉を記録する寺崎英子の遺したフィルム」の出版を記念し、風土館で開催中の第1回くりこま古本市の一環として開かれた。寺崎さんが急逝する前年に延べ1万3000カットのネガを託された仙台市の写真家小岩勉さん(61)が、寺崎さんの作品を投影しながら写真集完成までの経緯を語った。

高校生校史にお金の使い方学ぶ
 栗原市栗駒南小で9月27日、お金の流れや使い方を学ぶ授業が行われた。5年生17人が岩ケ崎高1年7人の講師を迎え、収入に合わせて支出する「やりくり」の大切さを学んだ。お金に関する知識や判断力を育成する東北財務局の取り組みで、多重債務者の未然防止にもつなげる狙い。高校生の理解力やプレゼンテーション能力を高める場でもある。高校生は「家の人は働いて得たお給料から税金や保険料を支払い、家族の暮らしを支えている」と説明。労働に見立てたゲームをしながら、収入に合った旅行計画を考えてもらった。



(最終更新2023/10/04/Wed/17:25:02)



10月4日付
猛暑でも出来は上々
 大崎市産米の新米試食会が2日、祥雲閣(同市古川)であった。記録的猛暑に伴う品質低下が不安視されたものの、参加者は「おいしい」「100点満点」など高評価を連発。会場は炊きたての香りと安堵の笑顔に包まれた。市、市内の農協などでつくる「大崎の米『ささ結』ブランドコンソーシアム」が同ブランド誕生(2015年)以来続けている。今回は関係者と流通業、飲食業ら20人余りを招き、今秋デビュー60周年を迎えたササニシキと、特徴を受け継ぐ「ささ結(むすび)」を地場産食材たっぷりの弁当と一緒に振る舞った。目と舌が肥えた猜討離廛蹲瓩燭舛魘辰せたのは「ささ結」の高温耐性。生みの親の永野邦明さん(元県古川農業試験場長)が「冷害のみならず高温にも強く、猛暑の夏に真価を発揮してくれた。一部の粒に白濁があるが味は上々」と太鼓判を押すほど。

鈴木登さん(古川出身)絵画展
 大崎市古川出身の画家、鈴木登さん(1931〜2013年)の絵画展が、同市古川駅前大通の陶器店が営む和カフェ「クラフト木村」2階ギャラリーで開かれている。仙台市街地をモチーフに描いた水彩画を中心に、油絵やスケッチ原画などが並び、訪れた人の目を引きつけている。30日まで。鈴木さんは、古川高卒業後、東北大教育学部美術科に入学。洋画家、杉村惇さんに師事した。県内の美術展や日展などさまざまな公募展で入選しており、99年には宮城学院女子大の名誉教授を務めた。01年に県教育文化功労を受賞。絵画展は、鈴木さんの長女らが膨大な作品を展示したい思いがあり、縁あって知り合った同店が快諾。海外の画商も購入に訪れるという鈴木さんの作品約80点を展示している。


(最終更新2023/10/03/Tue/17:37:29)



10月4日付
リングからの別れ惜しむ
 日本人選手初の世界5階級制覇を成し遂げた大崎市古川出身の女子プロボクサー、藤岡奈穂子さん(48)=竹原&畑山=の引退式が9月25日、東京・後楽園ホールで行われた。ジムやボクシング関係者のほか、地元の後援会員らが多数駆け付けて藤岡さんの偉業をたたえ、リングからの別れを惜しんだ。引退式にはジムの竹原慎二会長、地元からは藤岡後援会の竹中修悦会長、早坂竜太古川土地代表取締役らが出席。竹原会長は「藤岡さんは5階級制覇というとてつもない記録を打ち立てた。今後も声援をお願いしたい」とあいさつ。また、ジム顧問で俳優・ミュージシャンの吉川晃司さんや、世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級元王者の山中慎介さん、世界タイトル戦を戦った山口直子さん、川西友子さんらも参加。花束を贈るなどし、女子ボクシング界をリードした藤岡さんの活躍をねぎらった。

高齢者が日本舞踊堪能
 大崎市社会福祉協議会が運営する古川南デイサービスセンターは9月28日、約4年ぶりに慰問ボランティアを受け入れた。新型コロナウイルスの5類移行を受けたもので、利用者ら約40人が日本舞踊を堪能した。新型コロナの感染が拡大して以降、同センターは利用者の感染予防を目的にボランティアの訪問を中止していた。今回は演者以外全員がマスク着用の上、演者と利用者の間には間仕切りを設置。さらに公演時間を短縮するなど、入念な感染対策を行った。出演したのは、色麻町を中心に活動する「日本舞踊藤枝会」。島田美枝会長(80)、古内むね子さん(82)、佐藤のぶゑさん(73)の3人が演歌や歌謡曲に合わせて舞を披露した。目の前で繰り広げられる華やかな踊りに、利用者は惜しみない声援や拍手を送った。

陶芸家小孫さん作品展
 埼玉県在住の陶芸家小孫哲太郎さんの作品展「小孫哲太郎CRMC EXHIBITION」が9月23日から、栗原市栗駒岩ケ崎、六日町通り商店街の旧川股茶園で開かれている。沖縄県で学び、海外での創作活動も経験して高めた技法と自身の感性が溶け合ったつぼやとっくり、花器など約20点が展示されている。10月6日まで。

石包丁と鎌で古代米を稲刈り
 栗原市築館の根岸地区で9月24日、古代米の稲刈り体験会(富野地域づくり協議会主催)が開かれた。春の田植えに参加した小学生やその保護者ら約30人は、鎌を使い1株ずつ収穫。古代に使われた石包丁での刈り取りにも挑戦し、時代を超えて収穫の苦労と喜びを味わっていた。穂先を1本ずつ刈る石包丁での収穫は根気が必要で、参加者は時々栗駒山を眺め、疲れを癒やしながら地道に取り組んでいた。築館小4年村山未来君(10)は「石包丁で田んぼ1枚刈るのは大変。昔の人は頑張ったと思う」と先人に敬意を示していた。

アウトドア自然に優しく
 栗原市栗駒松倉の栗駒山麓ジオパークビジターセンターで9月17日から18日まで、1泊2日の日程でキャンプイベントが行われた。市内外から12組17人が参加。米国で発祥したアウトドアの行動基準「リーブ・ノー・トレース」の考え方を学びながら野外体験を楽しんだ。昨年の日帰りイベントの続編として企画された。栗駒高原自然学校の塚原俊也校長(43)を講師にテント設営やたき火おこし、野外炊飯、ロープワークなどを体験した。リーブ・ノー・トレースは、環境への負荷を最小限にしてアウトドアを楽しむためのルール。「見たものはそのままに」「他のビジターへの配慮」など7項目ある。


(最終更新2023/10/03/Tue/17:37:09)



10月3日付
古川 団体7種目制す
 大崎地区中学校新人大会(大崎地区中体連主催)は9月16、17の両日、管内の学校や競技場で開かれた。大崎市、加美郡、遠田郡が統合した大崎地区中体連として初めて実施。20校と1クラブが11競技で熱戦を繰り広げた。団体競技は、古川が最多の7種目を制覇。このうち、野球は県新人大会4年連続出場を果たした。ソフトテニス団体は古川東がアベック優勝。卓球は団体個人ともに三本木が制した。女子バレーボールは本年度新設された古川学園1期生が強豪田尻を破り、頂点に立った。

銅板レリーフ作家籾山さん 創作20年記念し4人展
 美里町の銅板レリーフ作家籾山直子さん(61)=栗原市築館出身=は10月5〜9日、創作活動20年を記念して、4人展(大崎タイムスなど後援)を栗原市築館の栗原文化会館で開く。教室の受講生3人の作品や絵も交え、バラエティー豊かに展示。来場者向けの体験教室も設ける。銅板レリーフは裏表を返しながらスプーンの背で下書きをなぞり、プラスドライバーや金づちで打って凹凸をつけ、奥行きや立体感を出す。化学の力で青みを帯びた色やいぶし銀などに変化させ、生き生きと表現。受講生の門目昌弘さんと高山勝之さんも銅板レリーフを出すほか、佐藤由香さんは水彩画も出品する。


(最終更新2023/10/02/Mon/16:34:32)



10月3日付
大崎市議会 一般質問3日から
 大崎市議会9月定例会は3日から一般質問に入る。6日まで計4日間の予定。質問者20人。通告内容は発言順に次の通り。1期目の議員7人は「多世代で支える市の子育てビジョン」を共通テーマに執行部をただす。

共産が擁立見送り
 日本共産党北部地区委員会は2日までに、任期満了に伴う県議選(10月13日告示、22日投開票)大崎選挙区(定数4)への候補者擁立を見送る方針を固めた。9月末をめどに候補者の選定を目指したが、断念したという。大崎選挙区には今のところ、中島源陽氏(61)=自民、5期目、岩出山=、菊地恵一氏(65)=自民、4期目、古川=、佐々木賢司氏(53)=自民、2期目、三本木=、佐藤仁一氏(72)=立憲民主、1期目、岩出山=の現職4人が名乗りを上げている。他に立候補者がいなければ、現行の区割りになった2007年以来、初めての無投票になる。

最優秀酒蔵に新澤醸造店
 香港で昨年から開かれている日本酒コンクール「オリエンタル・サケ・アワーズ2023」の審査結果がこのほど発表され、最優秀酒蔵賞に新澤醸造店(大崎市三本木北町)が2年連続で選ばれた。9部門のうち2部門でチャンピオンに輝いたほか、金賞7点、銀賞4点、銅賞6点と各部門で軒並み入賞。狎こΠ譴梁元瓩亮体呂鬚△蕕燭瓩導こ阿房┐靴拭

「宮寒梅」初の知事賞
 県酒造組合は9月26日、日本酒コンテスト「第25回県清酒鑑評会」の結果を発表した。大崎地方関係では、寒梅酒造(大崎市)の「宮寒梅純米大吟醸贅撰」が県産米純米吟醸酒の部最高賞の県知事賞を初受賞。また一ノ蔵本社蔵(同)「一ノ蔵純米大吟醸松山天」が一般純米酒の部、「一ノ蔵笙鼓純米大吟醸」が一般吟醸酒の部で、ともに最高賞の県酒造組合会長賞に輝いた。一ノ蔵のダブル受賞は2002年度以来で2度目。

酒瓶で飲酒運転撲滅
 築館署と築館警察官友の会、築館地区交通安全協会は9月29日、飲酒運転をしない・させない地域づくりを目指し、酒瓶の首に付けるネックタグを管内の酒販店に配布した。そろいの衣装のようにタグを付けた瓶が商品棚にずらりと並んでおり、消費者へ訴えている。ネックタグは2020年に1000枚制作した。危機感をあおる黄と黒のオリジナルデザインで「しないさせない飲酒運転」「一杯で消える未来と消せぬ罪」と記しており、春と秋の交通安全運動に合わせて配布している。


(最終更新2023/10/02/Mon/16:34:19)



10月1日付
励まし合い山頂目指す
 大崎市沼部小の「全校遠足」が29日にあった。全児童217人が縦割り班に分かれ、7舛曚瀕イ譴寝淡酲兄海泙播綿發捻復し、支え合いや集団行動の大切さを学んだ。戦後間もなく始まった伝統行事で、縦割り班での行程を通して異なる学年同士の触れ合いや下級生に対する思いやり、規範意識、忍耐力を育んでもらうのが狙い。73回目の今回は長引く暑さの影響で、当初の予定から2週間延期した。6年生を班長とする12班に分かれ、同校を出発。途中で休憩を取りながら山頂を目指した。初めて参加する1年生にとっては骨の折れる道のり。往路の最後に待ち受ける頂上への山道では「疲れた」「もう登りたくない」と弱音を吐く姿も見られたが、「もう少しだよ」「頑張れ」と励ます上級生らに背中を押されながら歩を進めた。

猛暑で育成にも苦慮
 古川植物愛好会の会員が丹精込めて育てた秋の野草が23、24の両日、大崎市古川北稲葉の古川南部コミュニティセンターに展示された。秋の訪れを感じさせる草花が並び、来場者の目を引いていた。赤や黄色のヒガンバナ属や白いキキョウ、小さい花が鈴なりに咲くサラシナショウマなど、約160種類の草花が並んだ。つぼみの状態のものもあり、記録的な猛暑で育成に苦労したという。キノコ狩りシーズンに合わせて食中毒防止を呼び掛けるため、橋会長らが採集した食用キノコと毒キノコも展示。花苗を100円から販売するチャリティー即売会も行われた。


(最終更新2023/09/30/Sat/16:13:00)



10月1日付
達沢不動滝の“虹”捉える
 ことしの第71回二科会写真部展で、加美町下新田の北原良章さん(73)が入選した。北原さんの入選は2年連続。作品は、福島県猪苗代町の達沢不動滝を撮影したもので、タイトルは「虹霓」。ことし2月、雪と氷に閉ざされた滝にスギの木々の隙間から光が差し込み、しぶきに彩りを与え狷瓩現れた瞬間を捉えた。達沢不動滝の撮影は何度も挑戦しているが、気温や風などの条件が調わないと虹は現れないといい、「今回はタイミングが良く、一般的な虹とは違う幻想的な虹をうまく捉えることができた。会心の出来」と。

アルツハイマーデーで講演
 認知症を啓発する「世界アルツハイマーデー」の21日、認知症予防についての講演会が美里町小牛田図書館であり、住民らが町長寿支援課職員の話に耳を傾けた。保健師の五十嵐華絵技術主査は、認知症と誤解されがちな物忘れについて「会った人の名前を思い出せないのが物忘れ。会ったこと自体を忘れているのが認知症」と指摘。「発症を予防する方法は見つかっていないが、症状の進行を遅らせることはできる」とし、有効な方法に▽運動▽人付き合い▽趣味への没頭▽バランスの良い食事▽アルコール摂取量抑制▽禁煙−などを挙げた。

歩行者が消える「蒸発現象」も体験
 百聞は一見にしかず−。夜道にひそむさまざまな危険を完全再現するユニークな交通安全教室は26日に加美自動車学校であり、加美、色麻両町の交通安全団体の計27人が実体験した。あえて照明を落とした日没後の教習コースで実施。参加者は指導員の車に乗り込み、停止車両前方からの歩行者飛び出し、無灯火での自転車進入など仕掛けられたさまざまな危険事例を体験。ライトの「ロービーム」「ハイビーム」切り替えに伴う視界変化や、反射材の有無で異なる視認距離についても学んだ。自車と対向車のライトが交錯し、歩行者が見えにくくなる「蒸発現象」も完全再現。「人が消えた」「全然見えない」と戸惑う参加者に対して、指導員は「車同士のすれ違いや交差点で起こりうる現象。運転者側は『人がいるかも』、歩行者側は『自分は車に視認されていないかも』と、双方の立場で危険予測と緊張感を」と呼び掛けた。

化女沼の豊かな自然実感
 大崎市古川のラムサール条約湿地、化女沼について理解を深める環境学習が28日、現地で行われた。古川北中(生徒数140人)の1年生39人が化女沼の豊かな自然を観察するとともに植栽活動も行い、環境保全に一役買った。同校は、持続可能な開発のための教育などを推進する「ユネスコスクール」指定校。その活動として、地域の自然を学び大切にする心を養おうと、毎年、1年生を対象に、地元の化女沼を学ぶ取り組みを行っている。講師を務めたのは、NPO法人エコパル化女沼(橋和吉理事長)。野生植物研究者でもある橋理事長は、近年、キキョウは1カ所、オミナエシは数カ所、リンドウはめったに見ることがなくなったと化女沼の現状を説明。「以前はあちこちに自生していたが、環境の状態が悪くなったため」と訴えた。

歌える喜び全身で表現
 女声合唱団コール・ウイロー(栗原市)と水の里混声合唱団(登米市)が10日、ジョイントコンサートを栗原市若柳総合文化センターで開いた。幅広いジャンルからの選曲と、客席を巻き込み会場全体を盛り上げる演出で、合唱の魅力や歌える喜びを発信していた。コロナ禍で先が見通せず、活動にも制限があった2年前、ウイローが「2023年9月10日にコンサートを開く」と目標を掲げ、プログラムも作成。指導者の千葉靜子さんを中心に、21カ月かけて練習に励んできた。同じく千葉さんから指導を受ける水の里混声合唱団に、栗原市内唯一の男声合唱団パナーシュ・クワィア有志も加わった出演者たちは、懐かしの青春ソングやミュージカル曲、東日本大震災の被災者を励ました歌を披露。途中で衣装を変え、せりふを交え演劇仕立ての工夫で会場を盛り上げた。


(最終更新2023/09/30/Sat/16:12:34)






shiromuku(hu)NOTEBOOK version 1.00