最近のニュース



9月20日付
介護ロボット体験
 最先端の介護機器に触れる体験授業が16日、大崎中央高で行われ、介護福祉コースの1、3年生10人がさまざまな介護ロボットを体験した。職業啓発プログラムの一環。東北文化学園専門学校の教員や医療機器メーカー社員を講師に、介護の現状や介護ロボットの最新技術を学ぶというもので、ことしで4年目。介護ロボットでは、介護者の腰に装着して使用するロボットスーツ「HAL(ハル)」と、ベットの下にセンサーマットを敷き、要介護者の心拍や呼吸、体動、離床を、離れた場所からモニターで確認できる見守り介護ロボットを体験。HALを腰に装着した生徒たちは、10キロのコピー用紙が入った箱を、電源が入っていない状態と入れた状態で持ち上げ、ロボットの動作を確認。箱がふわりと持ち上がると「誰かが後ろで介助しているみたい」「すごい」など驚きの声を上げ、最新機器の技術を体感していた。




穏やかな彼岸入り
 彼岸入りの19日、県北部の寺や霊園には、朝から多くの人が花や線香を携えて先祖の供養に訪れていた。大崎地方はこの日、やや雲が多いものの澄んだ空気の穏やかな日和に恵まれた。大崎市古川では午前8時現在、気温21・9度を観測。爽やかな天気に、早朝から墓掃除に精を出す姿が見られた。4連休の初日ということもあり、大崎市古川小野の古川横沢霊園にも墓参り客が絶えなかった。家族3人で訪れた地元の盒脅造気鶲豌箸蓮∧萓个鬚れいに拭いたり、周りを掃除したりした後、自宅で栽培しているクジャクソウとヒャクニチソウの花を手向けた。


(最終更新2020/09/19/Sat/15:47:29)



9月20日付
宿泊客にクーポン券配布
 大崎市は17日、市内の宿泊施設利用者に対して飲食店と土産店、タクシーの割引に使えるクーポン券を1泊あたり最大2000円配布する「おおさき食泊キャンペーン」を始めた。誘客につなげ、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ宿泊施設や飲食店の需要回復を目指す狙いだ。来年1月31日まで。クーポン券は1セット2000円(1000円券2枚)分で1万8000セット発行。市内の提携飲食店など124店舗で利用できるが、釣り銭はでない。利用可能な店には、ステッカーなどを掲示する。期間中、チェックイン時にクーポン券一式を宿泊客に配布する。

大崎広域防火標語
 大崎地域広域行政事務組合消防本部が管内の中学生を対象に募集した防火標語コンクールの審査会が15日、同消防本部庁舎で開かれ、入賞作品が決まった。最優秀賞は大崎市岩出山中3年、小堺遥稀さんの「火は消した? お願い・確認 もう一度」が受賞した。このコンクールは、火災予防に対する青少年の意識を高めるとともに、作品を通して地域住民への防火意識普及も図ろうと、1984年度から行っている。37回目の今回は、新型コロナウイルス感染拡大で長期化した臨時休校の影響で例年より応募数が少なかったものの、7校から39点が寄せられた。

化女沼の美化に一役
 大崎市古川のラムサール条約湿地、化女沼をサクラの名所にしようと活動している市民グループ「化女沼2000本桜の会」は16日、同市宮沢小の5年生児童8人と一緒に化女沼周辺の清掃ボランティアに汗を流した。この日は会員や県と市の職員、企業ボランティアを含め34人で活動。トングとごみ袋を持ち、駐車場や周遊道路に落ちているたばこの吸い殻、ペットボトル、弁当の容器などを拾い集めた。約1時間の活動で可燃ごみ9袋、不燃ごみ3袋が集まったほか、小型冷蔵庫1台もあった。

紫色のかれんな花
 大崎市古川のラムサール条約湿地、化女沼の自由広場で、キク科の多年草「タムラソウ」が花を咲かせている。蜜が多いことで知られ、たくさんのチョウが飛び交っている。タムラソウは、夏から秋にかけて見られる草花。別名はタマボウキ(玉帚)。高さ1.5メートルほどに成長し、アザミに似た紫色の花を咲かせるが、アザミと違って葉にとげがなく、花柱の先が2分して反曲しているのが特徴。化女沼では数カ所に生育しており、このうち遊歩道沿いのタムラソウはたくさんのチョウが羽を休めていることから目につきやすい。「多いときは10匹のキアゲハが止まっていることがある」と話すのは、化女沼の環境保全に取り組むNPO法人エコパル化女沼の盒僅袖藩事長(76)=同市古川荒谷=。それでも「ことしは全体的にキアゲハの数が少ない感じがする」という。

くりはら万葉祭
 【栗原支局】第13回くりはら万葉祭(タラチネの会主催)は10月3日午前10時から午後6時まで、栗原市一迫片子沢の「風の沢ミュージアム」裏で開かれる。来場者が持ち寄った食材を縄文土器やかまどで調理。塩づくりから始めるなど手間暇をかけ、便利が当たり前になった食を問い直す。また、ごみを出さない取り組みとして食器を各自持参する。会場で竹を削って器やはしをつくり、トルティーヤを皿にしてもよい。


(最終更新2020/09/19/Sat/15:47:48)



9月19日付
事故防止へ士気高揚
 2020年「秋の交通安全県民総ぐるみ運動」が21日から始まるのを前に、大崎市の道の駅おおさきで18日、警察と市、交通安全関係団体による合同の出動式が行われた。今回は新型コロナウイルスの影響で大幅に規模を縮小。例年に比べ半数以下の約90人が参加し、交通事故、違反の未然防止に向け士気を高めた。

八幡神社で神楽奉納
 【栗原支局】栗原市築館城生野にある八幡神社で13日の例大祭に併せ、新型コロナウイルスの収束を願い、城生野神楽が「翁舞」を奉納する儀式が行われた。今のところ栗原市内で感染は確認されていないが、神社の総代や地域住民など十数人が参列し、再び安心して暮らせる日が訪れるよう祈りをささげた。同神社に応神天皇とともにまつられているスサノオノミコトは、疫病を防ぐ神として古代から信仰を集める牛頭天王のこと。神仏分離令に伴って名を変え、明治天皇が東北御巡幸の際に利用したご休憩地そばに元々あった牛頭天王社から現在の場所へ移した歴史的背景がある。


(最終更新2020/09/18/Fri/16:41:11)



9月19日付
橋本五輪相と意見交換
 来年夏へ延期された東京五輪・パラリンピックで、海外選手を受け入れる「復興ありがとうホストタウン」の加美町、岩手県山田町、福島県南相馬市の3首長が15日、橋本聖子五輪相とオンラインで意見交換を行った。3首長はいずれも同ホストタウン連絡協議会副会長の立場。南米チリを相手国とする加美町の猪股町長は、この事業を「音楽のまちづくり」に絡めた国際交流と、障害の有無や国籍を問わず公共施設を利用しやすい「ユニバーサルタウン」構想の実現に結びつける考えをPR。延期に伴う財政支援も求めた。

東北出身 菅首相誕生祝う
 菅義偉首相が誕生した16日、出身地の秋田県湯沢市に隣接する大崎市でも市役所や民間企業が就任を祝う看板や懸垂幕を掲げ、約38年ぶり5人目となる東北出身の首相誕生に祝意を示した。大崎市役所は16日午後、臨時国会の首班指名選挙で菅氏の第99代首相就任が決まると、本庁舎の正面玄関前に「祝 東北出身 菅義偉内閣総理大臣誕生」と記された看板を掲示。玄関内にも同様の横断幕を取り付けた。市議会9月定例会の議案質疑を終え、三本木庁舎から戻った伊藤康志市長や幹部職員らも取り付け作業を見守った。設置されると、伊藤市長らが看板前に並んで万歳三唱し、爐らが東北の首相畸太犬亡遒咾鯢修靴拭

特殊詐欺へ注意喚起
 特殊詐欺事件の未然防止に向け、注意喚起チラシを高齢者世帯へ郵送する「タウンメール作戦」が17日、加美郡内で始まった。1月以降、郡内で特殊詐欺の被害はなく(16日現在)、ゼロ継続が目標という。加美署と、警察協力団体の加美地区金融機関防犯連絡協議会(金防連)、加美地区防犯協会連合会が合同で企画した。透明封筒入りのチラシは全国的に電話での詐欺や悪質業者の勧誘が後を絶たないことを踏まえ、不審電話撃退機能付き電話機や、外付け録音装置の利用を促すもの。「危ない電話に気をつけて!」が合言葉だ。

ファン待望 定期公演再開
 【栗原支局】栗原市栗駒に拠点を置く劇団ともえ座梢巴流が12日、市内の金成温泉延年閣で定期公演を再開した。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、昨年12月以来の晴れ舞台。半分に減らした客席に詰めかけた長年のファンは待ちに待った公演に、おひねりを奮発していた。限られた時間の中、団員はこの日のため稽古を重ねてきた演目を大切に披露。2代目川門世昌さんの弟子2人はファンの前で初舞台を踏み、世昌さんと花形・川門恵さんが務めた大トリは笑いの要素たっぷりの演目で会場を盛り上げた。


(最終更新2020/09/18/Fri/16:40:41)



9月18日付
第99代 菅首相が誕生
 第202臨時国会が16日召集され、第99代首相に自民党総裁の菅義偉氏(71)=衆院神奈川2区=が選出された。約38年ぶり5人目となる東北出身の首相誕生に、菅氏の出身地・秋田県湯沢市に隣接する大崎地方でも歓迎の声が聞かれる。一方、安倍晋三前首相の路線継承を明言する菅首相に対し、野党の中には早くも対決姿勢を見せるところもある。大崎市の伊藤康志市長は、菅首相について「政治の原風景は東北であり、地方の実態を知る政治家」といい、「新型コロナウイルス対策を含め、地域を元気にし、内憂外患の課題に対応してほしい」と期待する。衆院解散については「(来年9月までの)ワンポイントリリーフと思われると首相の仕事がやりにくいと思う。コロナ禍だが、そう遅くない時期に国民の信を問うのでは」と推測した。

伝統の「鶏舞神楽」奉納
 大崎市岩出山の旧上野目小で30年以上にわたり受け継がれてきた伝統芸能「鶏舞神楽」を15日、保存会が地元の一栗八幡神社に奉納し、新型コロナウイルスの早期収束を祈願した。鶏舞はニワトリの動きに見立てた踊りが特徴で、祝いの席で踊られた。旧上野目小で先輩から後輩へ引き継がれ、同校の閉校(2018年)で継承が危うくなったが、有志を中心に新たな保存会「上野目神楽鶏舞伝承クラブ」が同年発足した。


(最終更新2020/09/17/Thu/16:20:30)



9月18日付
火災予防をアドバイス
 寒さが増して暖房器具などの出番が増える時季を控え、鳴子消防署は16日、大崎市鳴子温泉のお年寄り宅を訪ね、火災予防についてアドバイスした。市社会福祉協議会鳴子支所と、東北電力古川電力センターと連携し、毎年、「老人週間」(9月15〜21日)に合わせて実施している。65歳以上の1人暮らしまたは夫妻世帯の火災予防を図るのが狙い。ことしは9世帯を訪れ、自宅の造りやホームタンクの有無、寝室からの避難路、火を使う場所と頻度、住宅用火災警報器の設置状況などを尋ねた。

地区全体で長寿祝う
 21日の敬老の日を前に、涌谷町の9の1区自治会は15日、地区内の75歳以上のお年寄りに祝い品を届けた。本年度から町の敬老会がなくなったことを受け、地区全体で長寿を祝おうと企画。福祉推進員ら地域住民と協力し、見守り活動を兼ねて家々を回った。「めで『たい』」に掛けたたい焼きのほか、塗り絵とクレヨンをプレゼント。新型コロナウイルスの感染拡大で人の集まる機会が減る中、家で「芸術の秋」を楽しんでもらおうとの思いを込めた。

食と農の安全普及へ
 「食」と「農」の安全や環境保全を示す認証「JGAP(ジェイギャップ)」についての事例発表会が8日、加美農業高で開かれた。農業科作物専攻班の2〜3年生計7人が講師役となり、これから認証取得を目指す高校の関係者らに対して認証までの過程や課題解決方法を紹介。精米設備や資材保管庫など関連施設も案内した。認証団体「日本GAP協会」の専門家も交えた本審査さながらのプログラムのため、生徒の表情は真剣そのもの。

季節はずれ リンゴの花咲く
 えっ、春に咲くはずのリンゴの花が今ごろ開花するなんて−。加美町味ケ袋に住む石山健一さん(59)は、自宅の庭で人知れず起きていた珍事に仰天。もともと1本から「ヒメリンゴ」「フジ」「ジョナゴールド」など16種類の実が収穫できる珍しい木。何年もかけて接ぎ木を繰り返した自信作という。夏も終わりが近づいたある日、実と実の間に小さな白いつぼみを発見。季節はずれの花と、丸々と実ったリンゴとの爛帖璽轡腑奪鉢瓩髻⊆慢の一眼レフでパチリ。


(最終更新2020/09/17/Thu/16:20:06)



9月17日付
テロに備え対策訓練
 来夏に控える東京五輪などの大規模行事を見据え、鳴子署は15日、テロ対策訓練を大崎市岩出山のあ・ら・伊達な道の駅で行った。同駅と連携し、不審者の身柄の確保や来客の避難誘導の流れを確かめた。新型コロナウイルスの影響で、警察主導のテロ対策訓練はことし県内で初めて。全国的なイベントの際に標的になることが想定される大型商業施設を会場とし、県警機動隊を含む警察官約20人と同駅の社員ら30人ほどが参加した。訓練は、構内に不審者がいるという通報を受けて警察官が駆け付け、犯人役(署員)の身柄を確保。その際、犯人が爆発物を残したことをにおわせたのを受け、爆発物を捜索、処理するという想定で実施した。

コロナ収束へ神輿や祈祷
 大崎市古川小野地区の村社「表刀(うえとの)神社」の例大祭が20日から25日にかけて行われる。新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止する行事もあるが、収束祈願として神輿渡御や祈祷などは予定通り実施する。例大祭を前に、氏子総代会はこのほど、境内に飾るしめ縄作りを行った。この日は総代16人が参加。高齢の経験者3人に指導を受けながら、昨年産の餅わらで社殿や鳥居に取り付ける大小のしめ縄を編み上げた。新型コロナ感染予防のため、全員がマスクを着用し、2人以上での共同作業が必要な部分以外はできるだけ距離をとって作業した。


(最終更新2020/09/16/Wed/17:01:27)



9月17日付
オンラインでピアノ練習
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国各地の音楽教室でオンラインレッスンの動きが広がっている。大崎市古川駅前大通の「よしむら音楽教室」でもオンラインレッスンを導入しており、受講者が画面越しに指導を受けて技術向上に励んでいる。政府による緊急事態宣言が発令された3月、いち早くオンラインレッスンを取り入れ、希望者を対象に自主練習をサポート。希望者以外は、緊急事態宣言が解除された5月中旬まで休講とした。吉村さんの提案に真っ先に手を挙げたのは、同教室最年長の岡部正男さん(81)=同市古川穂波=。オンラインレッスンについては「ごまかしがきかない分、緊張するね」と苦笑。現在は童謡や唱歌を練習中で、初めは難しかったという両手弾きも、今では形になってきた。「ピアノは毎日の糧。楽しい」と語る。

犒残鐶亰茘畸朶枩す
 第73回秋季東北地区高校野球県大会は5日目の15日、1回戦6試合を松島運動公園野球場(松島町)などで行った。県北部関係4試合のうち、築館は9−5で古川に勝利し、兄弟校対決を制した。登米は、今夏の代替大会で準優勝した仙台に0−12(五回コールド)で敗れた。築館は先発盒粁腓七回1失点で降板したが、4点差を追いつかれた直後の八回無死三塁から再登板。後続を抑え、九回の決勝点を呼び込んだ。古川は八回に長短4安打で追いついたが、後続にあと一本が出ず、勢いを止められた。

狹佇討了骸膈瓩鵬凸撻泪蠅気
 【登米支局】NHKは14日、登米市などを舞台に今秋から撮影する来年度上期の朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」の出演者を発表した。ヒロインのモネが登米で出会う山主の名物おばあさんは夏木マリさん、モネを気象予報士に導く気象キャスターは西島秀俊さんが演じる。おかえりモネでは、清原果耶さん演じるモネは気仙沼の島出身で、高校卒業後に単身登米に身を寄せ、森林組合の職員になる。夏木さんは地元の資産家で伊達家家老の子孫とされ、所有する山林を森林組合に託しているほか、カフェや診療所も経営しており、モネに森の豊かさと厳しさを教える。

登米懐古館 移転、開館から1周年
 【登米支局】登米市登米町寺池桜小路に昨年移転、新築し開館した登米懐古館が8日、開館1周年を迎えた。1周年を記念して、市内在住のフリーイラストレーターが描いた懐古館オリジナルキャラクターのクリアファイルやはがき、クリップなど限定記念品を来館者に贈呈している。30日まで。新しい懐古館は、新国立競技場の設計に携わり、同市の伝統芸能伝承館「森舞台」を手掛けた建築家、隈研吾さんが設計。昨年9月に武家屋敷通りの一角に移転、新築した。建物の屋根には登米町産天然スレートが使われており、表門から同館への通路にも敷き詰められている。


(最終更新2020/09/16/Wed/17:01:06)






shiromuku(hu)NOTEBOOK version 1.00