最近のニュース



2月22日付
つるし雛巡りの旅始まる
 大崎市の「駅」に春到来−。多彩なつるし飾りが市内5カ所に並ぶ「つるし雛巡りの旅」が、21日から始まった。計約2万3000個の飾りが会場を春色に染め、来場者に春の訪れを告げている。3月3日まで。同市古川のつるし飾りサークル「きっこまざぎ教室」が主催する早春恒例のイベント。メイン会場の爐泙舛留忰瓩両Χ隼楡漾崗室(かむろ)」(同市古川七日町)寺子屋ホールは、色とりどりの縁起物や愛くるしい人形など約1万2000個の飾りが彩る。うさぎのお雛様、五穀豊穣や防災を祈願する「風神雷神」といった新作も登場した。世界農業遺産「大崎耕土」にちなみ、屋敷林「居久根」の中で暮らす人をイメージした展示も。初日から大勢の人が訪れてじっくり鑑賞し、「毎年来ても飽きない」などと話していた。

栗原市国際交流フェスティバル
 【栗原支局】栗原市国際交流協会主催の第13回「栗原市国際交流フェスティバル」(栗原市、県国際化協会共催、大崎タイムスなど後援)が16日、同市若柳の若柳総合文化センターで開かれ、海外出身の講師が多文化共生をテーマに講演を行ったほか、参加者が豚汁とおにぎりを作り、交流を深めた。フェスティバルは、市内外で暮らす海外出身の人たちと国際交流に関心のある市民との交流の場を提供し、相互理解と地域における多文化共生を推進することを目指し、毎年開かれている。市内外から約150人が参加した。


(最終更新2020/02/21/Fri/16:49:53)



2月22日付
交通死亡事故ゼロ1500日
 大崎市鳴子温泉地域で交通死亡事故が連続1500日間起きなかったとして市と鳴子署は20日、同地域に感謝状を贈り、事故防止への取り組みをたたえた。表彰の主体者が県警から市町村へ変わってから同市として初めての表彰。鳴子温泉地域としては市誕生後で最長記録になった。従来、合併前の各市町村内で交通死亡事故が起きなかった日数が連続500日間や2年間などの一定期間に達すると、県警が現行の市町村を対象に表彰していた。1月に表彰制度が変わって市町村が主体になり、記録が500日間に達するごとに表彰することになった。

東大4年橋本さん 住民を前に卒論報告会
 大崎市岩出山池月地区の地域づくりを研究し、大学の卒業論文にまとめた橋本惇さん(東京大文学部4年)=東京都調布市=が18日、卒論の報告会を市池月地区公民館で開いた。市民との4年間にわたる交流を通して学んだ成果をもとに地域コミュニティーの大切さを説いた。同大温泉サークルの活動で、橋本さんが池月を初めて訪れたのは2016年。同館が主催する生涯学習事業「池月大学」を見学するうち、「住民同士が仲が良い理由と、地域について考えていること」が疑問に浮かんだ。卒業論文のテーマを「地域づくり」に決め、「池月がどのように変わる一方、どうやって変わらずにあり続けたのか」について調査するため6度にわたり池月を訪れた。この日の講演では、「『コミュニティー』のカギは、皆が一緒に過ごす『共同性』と、老人クラブや消防団などさまざまな集団が一つの地域にあってコミュニティーを活性化させる『多様性』」と強調。

鋳金や漆芸の作品解説
 東京芸術大の教授や学生、地元アーティストによるギャラリートークが19日、大崎市民ギャラリー・緒絶の館で開かれた。「共同展覧会」の企画で、市民ら約30人が教授らの作品解説に耳を傾け、芸術への理解を深めた。大崎市は、伝統工芸品をはじめ、市内におけるものづくりの新たな発想を広げる「大崎市ものづくり交流促進事業」を2014年から推進。その一環として同大と交流している。「共同展覧会」は15日から19日まで同館で開催。同大とショップ&ギャラリー「しあわせ美じゅつ店」(同市古川七日町)、古川中美術部が計53作品を展示した。

「義経」呼びもの新たに
 【栗原支局】栗原市栗駒沼倉耕英東の「新湯温泉くりこま荘」に、日本画家、能島和明さんが第38回日展(2006年)に出品した「幻龍判官」(150号)が展示されている。描かれているのは、甲冑姿の源義経。義経にまつわる貴重な資料を多く所蔵し、全国からファンが訪れる宿で、呼び物が新たに加わった。能島さんは築館高、多摩美大卒。日本芸術院賞などを受け、日本画の第一人者として活躍。宿の食堂にある杉戸絵も手掛けた能島さんが、「義経を核とした地域おこしに絵で協力したい」と、作品を手放した。


(最終更新2020/02/21/Fri/16:49:28)



2月21日付
涌谷高美術部の作品展
 涌谷高美術部の作品展が大崎市鳴子温泉字川渡の旅館玉造荘ロビーで開かれている。切り絵やレリーフ、アクリル画といった多彩な作品が並び、訪れた人たちを引きつけている。27日まで。部員12人が1点ずつ出展した。このうち千田部長(2年)の作品「Overlap」は第72回県高校美術展覧会(1月22〜26日、仙台市)の壁面展示部門で最高賞の優秀賞を受賞した力作。9枚の版で部分ごとに刷り、黒い輪郭の内側にピンクや青、オレンジなど6色を重ねてタコを表現した。同旅館の娯楽室では、ポスター10点も展示されている。第72回県高校美術展覧会ポスター部門で最優秀賞に輝いた村上愛望さん(3年)の作品がひときわ輝きを放っている。

音楽教員ら演奏披露
 教員による音楽会「LA GIOIA DELLA MUSICA〜音楽の喜び〜」(同実行委員会主催)が16日、美里町文化会館で開かれた。会場には教え子や地域住民ら約200人が訪れ、狎萓賢瓩燭舛領篭い歌や演奏に聞き入った。大崎地方の小中学校、高校などに勤務する音楽教員らが中心となり、子どもたちや地域住民と音楽を楽しむとともに、さらなる自己研さんを積む場をつくろうと、初めて企画した。音楽会には現役教諭11人が出演。モーツァルトやシューマン、リストといったクラシック曲を中心に、ピアノやトランペットの独奏、ソプラノの独唱などを披露。2台のピアノを4人で演奏する2台8手もあった。演奏者同士の軽妙な掛け合いや情緒豊かな歌声に、会場からは大きな拍手が送られた。


(最終更新2020/02/20/Thu/16:00:17)



2月21日付
「空き店舗カルテ」作成
 大崎市鳴子温泉地域の旅館経営者や自営業者、移住者らが地元のにぎわい創出を図っている「NARU−Go!再生プロジェクト」は、同地域の空き店舗をまとめたカルテを作成した。飲食店開業を考えている人に空き店舗を紹介してオープンにつなげてもらい、地域の活性化を図る。空き店舗カルテは主要事業の一つ。旅館やホテルに宿泊しながら宿泊施設の外で食事をする「泊食分離」を好む宿泊客がいることも踏まえ、希望者に飲食店を経営してもらうことを目指している。主にJR鳴子温泉駅から同市古川方面へ約1キロの目抜き通り沿いの空き店舗と所有者、貸し付け条件を調べてデータベース化し、起業したい人と結びつける窓口になる。

死亡事故発生から1カ月
 大崎市田尻で起きた高齢歩行者の交通死亡事故から間もなく丸1カ月となるのを前に、古川署と古川地区交通安全協会は18日、現場近くで再発防止のための街頭活動を行った。先月20日早朝、田尻大貫の県道で90代男性が歩行中、中型トラックにはねられて亡くなった事故。大崎市と登米市を結ぶ幹線道路で交通量が多い一方、道幅の狭い片側1車線で歩道はない。「運転者と、歩行者や自転車が互いに注意し合うべき場所」(同署)という。街頭活動には地元関係者含め約20人が参加。道路沿いで「高齢者・子供を交通事故から守ろう」「シートベルト全席着用!」など数種類の啓発用のぼり旗を掲げ、行き交う車に注意を呼びかけた。

学校図書館を考える
 「未来をひらく学校図書館」をテーマにした「第1回図書館員のまなび場」が16日、大崎市図書館多目的ホールで開かれ、関係者らが理想的な学校図書館について考えた。図書館員の研修の場として、大崎市内の学校司書や公共図書館員が初めて開催。ともに「困ったときには図書館へ2逢学校図書館の挑戦と可能性」の編著者である、神代浩さんと中山美由紀さんがそれぞれ講演した。このうち、「学校図書館をもっと図書館らしく」と題して講演した神代さんは、学校図書館の現状を「資料、スタッフともに不足しており、課題が多い」と指摘。その上で、「人生で初めて利用する図書館が学校図書館という人が多い」ことから、子どもたちの学びのためにも入りやすい環境づくりや資料の充実など「公共図書館と同じレベルのサービスを提供することが必要」と語った。


(最終更新2020/02/20/Thu/15:59:55)



2月20日付
宮沢地区盛り上げよう
 大崎市古川宮沢地区を元気に盛り上げようと16日、地元住民たちが「みやざわコミュニティまつり」(旧まつり実行委員会主催、宮沢地域振興協議会共催)を市古川宮沢地区公民館で初めて開いた。会場には出店や作品展示、手作りワークショップコーナーなどが立ち並び、多くの人でにぎわった。

マージャンで親睦
 古川南部コミュニティ推進委員会主催の「新春マージャン大会」が16日、大崎市古川南部コミュニティセンターで開かれ、地域住民が和気あいあいとした雰囲気の中で熱戦を展開した。マージャンを楽しみながら親睦を深めようと、毎年この時期に開いている。今回は稲葉地区5地区と南新町、南町南、米袋の計8地区から、50〜80代の36人が出場した。


(最終更新2020/02/19/Wed/17:42:37)



2月20日付
雪不足で売り上げ激減
 記録的な雪不足で売り上げが大幅に落ち込んでいる大崎市鳴子温泉地域の2スキー場は18日、市議会に対し、県へ緊急支援策を講じるよう働き掛けることを求める要望書を提出した。スキー場の運営会社2社は「このままでは経営ができなくなり、地元の観光業にも影響を与える」として、市議会の強力な後押しを求めた。提出したのは、オニコウベスキー場を運営する第三セクター・オニコウベと、上野々スキー場を経営する上野々スキーリフト。東北索道協会と県スキー場協会が名を連ねた。要望書では、今冬の雪不足は「冬のレジャー産業に災害級の打撃を与えている」といい、学校のスキー教室などもキャンセルが相次いでいると説明。

エアコン設置事業完了
 大崎市が昨年4月から進めていた市立小中学校など42校(園)へのエアコン設置事業が、このほど完了した。17日には西古川小で引き渡し式が行われ、教室を包む爽やかな風に児童たちの笑みがこぼれた。エアコンが設置されたのは、幼稚園7園、小学校25校、中学校10校の計約600室。昨年4月から順次入札と工事を実施し、第一期は同7月に終了。第二期は2月7日までに工事が完了し、検査終了後、各校に引き渡される。総事業費は約14億8000万円。

小中学生剣士250人熱戦
 小中学生の剣士が頂点を競う「小牛田山神社杯少年剣道大会」(実行委員会主催、大崎タイムスなど後援)が16日、美里町トレーニングセンターで開かれ、選手たちが日頃の稽古の成果を発揮した。15回目を数える今回は、県北などから43チーム(小学校20、中学男子14、同女子9)合わせて約250人が出場。試合は団体戦で、各部3〜6ブロックに分かれて予選リーグを行い、勝ち上がったチームで決勝トーナメントを競った。

迫庁舎周辺 都市機能誘導区域に
 【登米支局】登米市は、人口減少に伴う社会構造の変化に対応したコンパクトなまちづくりを推進するため、「立地適正化計画」を新年度から策定する。市役所迫庁舎周辺を「都市機能誘導区域」に設定し、医療、福祉、商業などの施設を集約。旧町の中心部など各地区を「居住誘導区域」に位置付け、市民バスなどの公共交通機関で都市機能誘導区域とつなぐ。執行部は、都市機能誘導区域には誘導施設として市役所、病院、図書館、公民館などを再編整備したい考えで、自家用車を使わずに暮らせる「コンパクトシティ・プラス・ネットワーク」の具現化を目指す。

ヒョウタンでランプ
 【栗原支局】栗原市高清水の第10行政区で15、16日、「第8回私の宝物(作品)展」が集会施設「桜舘」で開かれた。ヒョウタンで作ったランプをはじめ住民の手による作品約150点が発表され、訪れた住民の目を引いていた。


(最終更新2020/02/19/Wed/17:41:33)



2月19日付
大会に向け審判勉強会
 大崎タイムス社杯争奪「ママさんバレーボール親善大会」(3月8日、大崎市古川総合体育館)を前に、参加チーム対象の審判勉強会が15日夜、古川第三小体育館であり、本番に挑む爛泪泙気鶚瓩燭舛公平公正なジャッジを学んだ。主審、副審、線審、記録員の各部門に分かれ、模擬試合のプレー一つ一つを見極めながら判断や審判動作が正しいかどうかを確認していく形。大会主管団体の市ママさんバレーボール連盟が指導役を務めた。笛の吹き方、腕や旗を上げる角度、スコアシート記載などチェック項目は盛りだくさん。連盟役員から手ほどきを受け、若手もベテランも熱心な表情で取り組んでいた。

みずみずしい感性光る
 涌谷町涌谷中の美術部員や希望する一般生徒の作品が並ぶ「涌谷中学校美術科美術部展」が町くがね創庫で開かれており、若い感性あふれるポスターやイラストなどが来場者の目を引いている。22日まで。交通安全や防火がテーマのポスターコンクール出品作や自画像など、複製を含む約65点を展示。「あなたが大切なのは命?スマホ?どっち?」という標語入りのポスターは、スマホ画面に目を落とす人物を多数の赤信号で囲み、歩きスマホの危険性を訴える。


(最終更新2020/02/18/Tue/17:03:10)



2月19日付
NPOの事業継承考える
 「おおさき市民活動のつどい」(大崎市市民活動サポートセンター主催、大崎タイムスなど後援)が15日、市図書館多目的ホールで行われ、講演や団体発表を通して参加者がNPOの世代交代などについて考えた。青少年の自立支援などに取り組むNPO法人ミヤギユースセンターの土佐昭一郎代表が「NPOの世代交代・事業継承をどう取り組むか!」をテーマに講演。代表者が60歳以上のNPO法人が全体の約65%というデータを示した上で「若い人と縁をつくり、少しでも興味を持ってもらうこと。自分たちのカラーや思いをはっきりさせて共通認識を持ち、若者たちに伝えることが大事」と述べた。

東大崎(古川)の歴史学ぶ
 大崎市古川東大崎地区の郷土史を学ぶ「東大崎地区歴史勉強会」が13日、同地区公民館で開かれた。同地区歴史研究会が初めて企画したもので、地区民のほか、同地区と同様に遺跡が多い隣の宮沢地区の住民、市古川郷土研究会会員など約30人が受講した。市教育部文化財課学芸員の大谷基さんが「今蘇(よみがえ)る古代の東大崎・名生舘官衙遺跡から考える古代社会」をテーマに講話。六つの段階に分けられる同遺跡の誼奮(7世紀中葉〜後葉頃)で関東系土師器が出土していることについて、「関東から人がやって来たことが分かる。国の政策か、在地の動きかは議論の分かれるところだが、私は国の政策と考える」と私見を交えながら解説。

懐メロなど披露
 美空ひばりの再来とも称される名古屋市の小学生歌手、東亜樹さん(12)が14日、涌谷町高齢者福祉複合施設ゆうらいふを訪れ、施設を利用するお年寄りに美しい歌声を届けた。東さんは2歳から歌い始め、4歳から各地の老人介護施設を慰問。2000曲以上のレパートリーを持ち、英語や中国語など15カ国語で歌うことができる。2016年に「遠藤実大賞」、17年に「第35回古賀政男記念大川音楽祭」古賀メロディー部門最優秀賞をそれぞれ史上最年少で受賞した。

「奇跡のリンゴ」木村さん講演
 「奇跡のリンゴ」で知られる青森県弘前市のリンゴ農家、木村秋則さんらによる講演会「命の和を繋いで地球の未来を輝かそう」が15日、大崎生涯学習センター・パレットおおさきで開かれた。全国から430人余りが参集し、自然栽培や植物療法の話に耳を傾けた。NPO法人木村秋則自然栽培に学ぶ会(清水慶太理事長)が主催。世界農業遺産に認定された大崎耕土で、宮城の農業、自然栽培が食卓や自然環境にどのように関わっているのかを学ぼうと企画した。木村さんは、世界で初めてリンゴの無農薬栽培を成功させ、自然栽培を確立。2013年には木村さんをモデルにした映画「奇跡のリンゴ」が全国一斉公開された。

「牛の卵」大喰いグランプリ
 【栗原支局】第6回全国あか毛和牛(漢方和牛)牛の卵大回転大喰いグランプリ(関村畜産主催)が16日、栗原市築館の漢方和牛料理「幸之助」で開かれた。県内外から集まった30人は同店の看板メニュー「牛の卵」をおなかに詰め込み、自慢の大食いを競い合った。「牛の卵」はモッツァレラチーズを入れて丸めたジャンバラヤ風ご飯を漢方和牛と漢方豚の合いびき肉で包み、パン粉をつけて揚げた創作料理。ランチメニューではカレー付き(総重量540グラム)で提供している。



(最終更新2020/02/18/Tue/17:02:47)






shiromuku(hu)NOTEBOOK version 1.00