8957
バックナンバーニュース

2022年1月
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     






2022/1/29(Sat)
より魅力的な圏域に
 定住自立圏構想は、中心的な役割を担う「中心市宣言」をした市が、近隣自治体それぞれと協定を結び、大都市圏から人の流れをつくることで地方の人口減少や少子高齢化などの課題に連携して取り組み、行政サービスなどを行うもの。大崎市は2010年3月に中心市を宣言し、同10月に4町それぞれと県内初となる定住自立圏形成協定を締結。2度目となる変更協定では、最初の変更協定締結後に国連食糧農業機関(FAO)から認定された世界農業遺産・大崎耕土の記載を「その他」から「産業振興」の項に移し、取り組み内容に「保全・活用施策を推進し、『守るために活かす』取り組みを通じた産業振興を推進する」ことを盛り込んだ。また、「地域防災」の項では従来も盛り込んでいた圏域市町で消防団への加入促進強化、合同研修会や各種訓練の実施など「地域防災力の充実強化」をさらに深めることを確認した。

美しい音色届ける
 杜の都信用金庫「県民ロビーコンサート」が26日、県庁1階県民ロビーで開かれた。涌谷高吹奏楽部が吹奏楽の演奏を披露し、美しい音色を聴衆に届けた。県民ロビーコンサートは毎月1回開かれており、同部が出演するのは今回が初めて。歌手のさとう宗幸さんのヒット曲「青葉城恋唄」や、連続テレビ小説「おかえりモネ」の主題歌「なないろ」など5曲を披露した。3年生引退後は初となるコンサートで、1、2年生14人とサポートで加わった3年生2人が出演。日頃の練習成果を発揮し、美しいハーモニーを奏でて聴衆を魅了した。

県北部で46人感染
 県は27日、大崎市で16人、富谷市で11人、栗原市で6人、登米市で5人など県北部で46人が感染したと発表した。富谷市の保育施設ではこれまでに35人の感染が確認され、クラスターと認定された。県全体では497人に達し、前日を1人上回って3日連続で過去最多を更新。病床使用率はまだ低いが、ホテル療養者と自宅療養者は第5波を上回っていずれも過去最多になった。

新成人が飲酒運転根絶誓う
 美里町交通安全母の会連合会は25日、飲酒運転根絶を誓う同町の新成人92人分の署名を遠田署に提出した。9日に文化会館で行われた成人式で新成人に呼び掛けた。根絶の誓いは「酒を飲んだら車を運転しない、運転するなら酒を飲まない」「酒を飲んだ人に車を貸さない、飲酒運転の車に乗らない」「車を運転する人に酒を飲ませない」の3項目。遠田署で開かれた提出式では、同連合会の鎌田裕子副会長(74)、新成人代表で美里町建設課職員の島知広さん(20)が、川野匡浩署長に署名簿を手渡した。

13年ぶり県4強入り
 大崎市の古川ミニバスケットボールスポーツ少年団男子は昨年11、12月に行われた第45回宮城県民体育大会バスケットボールジュニアの部兼第53回全国ミニバスケットボール大会・第41回東北ミニバスケットボール交歓大会宮城県予選で13年ぶりにベスト4に進出し、3位となった。東北大会出場はあと一歩のところで逃したが、選手たちは次のステップへ向け、大きな成長を遂げた。決勝トーナメントで指揮を執った中園潤也ヘッドコーチは「選手たちは練習した成果を十分発揮することができた。声を掛け合いチームが一体になれた。ゲームごとに成長していった」と、選手をたたえた。

汚染牧草処理へ町民説明会
 東京電力福島第一原発事故で生じた1キログラム当たり400ベクレル以下の汚染牧草を農地にすき込んで処理する方針の涌谷町は26日、町民説明会を町役場で開き、事業概要やスケジュールについて説明した。すき込みは、同町で保管する汚染廃棄物(稲わら、牧草)計671トンのうち、400ベクレル以下の汚染牧草233・3トンが対象。2022年度に開始し、26年度までの5年間を目標に行う。安全対策や風評被害対策として、すき込み前後に周辺水路の放射性セシウム濃度と農地内の空間放射線量を測定。収穫作物の放射性セシウム濃度も測り、結果はホームページや広報誌で公表する。説明会には6人が来場。町担当者による説明の後、疑問点を質問した。

氷点下の路上で女児保護
 【栗原支局】築館署は25日、栗原市瀬峰地域で5日夜に迷子になった女児(3)を見つけ保護したとして、いずれも登米市南方町のパート従業員、佐藤捺美さん(30)と田代智恵子さん(41)に感謝状を贈った。女児はパジャマ姿で、零下の厳しい寒さだったが、面識のない2人が温かい連携で無事、自宅に返した。

企業実習の成果発表
 【栗原支局】一迫商業高が取り組む長期企業実習「栗原版デュアルシステム」の学習報告会が21日、栗原市一迫ふれあいホールで開かれた。2年生はインターンシップ、3年生は企業実習、販売実習、起業家研究の成果を披露。全校生徒や協力してくれた事業所関係者を前に、テレビ番組を思わせる動画構成や実演、失敗談を交えて発表した。栗原版デュアルシステムは、学校と地域が両輪となり、生徒のコミュニケーション力や主体性、チャレンジ精神などを磨いて即戦力を育成する取り組み。同校は2005年度から3年間の文部科学省モデル指定を受け、現在も独自に継続している。

佐沼小の2人優秀賞
 【登米支局】登米市が市内の児童らを対象に募集した「野菜たっぷり!適塩ナトカリレシピコンテスト」の表彰式が18日、迫公民館で開かれ、入賞者に賞状が贈られた。同コンテストは、子どものころから野菜を取る大切さや減塩について理解を深めてもらおうと、小学5、6年生と保護者を対象に募集。71組から合計77品目の応募があった。佐沼小5年、尾形凌空君(11)はカボチャやサツマイモ、ニンジンなど野菜をたくさん使ったサラダとコロッケ「登米の彩り野菜二刀流」、同5年、森田楓都君(11)はキャベツ、セロリなどによる「つけだれいらずの野菜春巻き」で最高賞の優秀賞を獲得した。尾形君は「野菜が苦手なので、おいしく食べられるようお父さんと一緒に考えた」と話していた。

優雅な舞い披露
 【栗原支局】「ダンスフェスティバル」(栗原市教育委員会主催)が23日、若柳総合文化センターで開かれた。市内のレクリエーションダンスや健康ダンスなど7団体が出演し、練習の成果を披露した。フェスティバルはことし24回目。新型コロナウイルスの影響で昨年中止となり、2年ぶりに開かれた。出演団体は歌謡曲などに合わせ、軽快に踊りを披露。フラのサークルはハワイのゆったりとした音楽とともに優雅な舞いで、会場を訪れたダンス仲間や家族から盛んに拍手が送られた。


2022年1月の日記をすべて読む



shiromuku(cu)DIARY version 2.02