13315
バックナンバーニュース

2022年12月
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031






2022/12/2(Fri)
巧みに「風光明媚」表現
 美里町を拠点に活動する「創作和太鼓駒の会」の第31回演奏会「風光明媚〜ふうこうめいび〜」(大崎タイムスなど後援)が11月27日、町文化会館で開かれた。3年ぶりに大勢の客の前で演奏を披露し、力強さと繊細さを持ち合わせた音色を響かせた。同会は1979年、旧小牛田町(現美里町)駒米地区の夏祭りの子ども太鼓として誕生し、その後通年活動を目指して発会。90年以降は定期演奏会を開いてきたが、過去2年は新型コロナウイルスの影響で中止した。今回の演目の5曲は、川の流れや大地の声など自然をテーマにした曲。いずれも作家・作曲家の佐藤三昭さん(美里町)が作曲した。

雑貨販売や制作体験
 ハンドメード作品の販売や制作体験のブースが並ぶ「WAKU♪WAKU♪つながりマーケット」が11月26、27日、涌谷町で開かれ、両日とも大勢の来場者でにぎわった。同イベントは、地場産食材などを取り扱う一般社団法人AuBless(アウブレス、丹治奈緒子代表)が昨年から開催。同法人が拠点とする古民家と、新丁頭ふれあいセンターを会場とし、両日合わせて約30団体がブースやキッチンカーを構えた。

地熱資源の可能性探る
 講演会「地熱エネルギーと鬼首地熱発電所」(スパっと鳴子温泉自然エネルギー主催)が11月27日、大崎市中山コミュニティセンターで開かれた。エネルギー価格の高止まりが続く中、鳴子温泉地域の地熱エネルギーの可能性や利活用について約50人が専門家の話を通して学んだ。東北大環境科学研究科の土屋範芳教授は「日本の地熱資源量は米国、インドネシアに次いで世界で3番目に多い2347万㌗分に上る。日照時間や天候の影響を受ける太陽光発電と異なり、地熱発電は24時間稼働でき、安定的な電源」と強調。一方で「東北地方には日本の33%の地熱資源があるが、利用状況は限定的」と続けた。続いて鳴子温泉鬼首地区で地熱発電事業を手掛ける「電源開発鬼首地熱発電所」(同市鳴子温泉字末沢西)の茅野智幸所長が、地熱発電の仕組みと同発電所の設備更新について紹介した。

迫力の演奏で聴衆魅了
 大崎市を拠点に活動する社会人吹奏楽団「古川シンフォニックウインズ」の第41回定期演奏会が11月27日、大崎市民会館で開かれた。男女約50人の団員が磨いてきた技術を発揮して迫力ある演奏を繰り広げ、240人の聴衆を魅了した。同楽団は1987年、宮城シンフォニックウインズとして設立。94年に改称し、現在名になった。団員は大崎地方はじめ、仙台市や栗原市在住の社会人や学生で構成し、職業や年齢も幅広い。週末にプロの指導者を招いて練習を重ねており、今夏の県吹奏楽コンクールでは職場・一般の部で金賞を受賞した。この日は2部構成で実施。躍動感あふれる「セレモニアル・マーチ」で華やかに幕を切り、県吹奏楽コンクール課題曲「ジェネシス」や、世界的人気のミュージカル映画曲「レ・ミゼラブル」など9曲を披露した。

プルタブ5年かけ集める
 大崎市古川中2年の尾形友さん(14)は11月25日、5年間かけて集めたプルタブを大崎市社会福祉協議会古川支所に寄付した。プルタブは、空き缶のふた部分に付いているつまみのこと。回収したプルタブは車いすと交換できるほか、収益金の一部は発展途上国や難民支援活動などにも役立てられている。この日は、プルタブが詰まったプラスチック容器5個を加藤大介支所長に手渡した。尾形さんは「透明な容器の中にプルタブが少しずつ積み重なっていくのを見るとうれしくなる。また一から集めたい」と抱負。

11月死者106人 過去最多
 県と仙台市は11月30日、県内で4447人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。23日(4439人)を0・2%上回り、6日連続で前の週の同じ曜日を上回った。感染した80代から90代までの男女5人(うち仙台市2人)が死亡。県内の累計は523人、11月だけで106人に達した。クラスターの発表も1カ月間で96件に及び、いずれも過去最多。一方でここ3日間の感染者数は前の週と近接していて、ピークが近付いている可能性がある。


2022年12月の日記をすべて読む



shiromuku(cu)DIARY version 2.02