14648
バックナンバーニュース

2019年4月
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    






2019/4/26(Fri)
明治、昭和の地図や文書
 大崎市松山ふるさと歴史館で20日から、企画展「松山の明治と昭和」が開かれており、公文書や当時の地図といった同館の保管資料を通じて、明治と昭和初期の松山地域の姿を紹介している。6月30日まで。会場には保管資料約20点を展示。明治期では、地租(土地に対する税金)改正事業で作成された松山地域の測量地図、土地所有者や面積、地価などが記された「地押野帳」などが並ぶ。

チューリップ見頃
 【登米支局】登米市米山町の道の駅米山西隣で、チューリップが見頃を迎えた。1ヘクタールの農地に約60種類10万株が植えられており、購入もできる。5月5日までは道の駅でさまざまなイベントが行われ、観光客を出迎える。米山のチューリップは1992年に開始。2005年には財政難などで中止に追い込まれたが、復活を求める声を受けて08年に再開した。米山町時代からの姉妹都市、富山県入善町から毎年新品種の球根を買い付けている。

涌谷神社 オリジナル御朱印帳作成へ
 涌谷神社(涌谷町涌谷)は来年の「遷座百年祭」に合わせて、オリジナルの御朱印帳の作成を予定している。背表紙には、現在開催中のフォトコンテストの最優秀作品を使用。「わくわくするような風景を写真に収めてほしい」と応募を呼びかける。5月末まで。対象は3月15日〜5月31日に撮影した写真。テーマは「サクラと涌谷神社」または「サクラと涌谷城」で、撮影地と被写体は神社と城山公園周辺に限る。応募方法は写真共有アプリ「インスタグラム」での投稿、またはプリント作品の提出。一人何点でも応募可能。

飲酒運転根絶へ署名活動
 大崎市古川の飲食店主らが22日、飲酒運転根絶に向けた署名活動を始めた。真っ先に協力を求めた相手は伊藤康志市長。同業者と一般市民だけでなく行政も巻き込み、1人分でも多く集めたい考え。「古川地区飲酒運転根絶活動推進委員協議会」恒例の取り組み。2005年5月に多賀城市で仙台育英高生3人が犠牲になったRV車の飲酒運転事故を受け、翌年以降、繁華街への横断幕掲示や飲み物の下に敷く「啓発コースター」製作など、さまざまな対策を講じている。

ドローン操作を体験
 【栗原支局】築館ドローンスクールと、今生農材(富谷市)が運営する宮城マルチロータースクールの合同ドローン体験会が21日、栗原市築館のノグチ築館自動車学校で開かれた。空撮用と農薬散布用の2機種を使用し、操作を実体験した。農薬散布用は5月から、講習を開始する。使用した農薬散布用ドローンは、10肇織鵐を搭載する機種。空撮用はぶれが少なく、美しい映像を撮影できる。産業用ドローンは用途が年々広がっており、今後の成長が見込まれるという。

仙台藩の武家文化紹介
 【登米支局】登米市歴史博物館の企画展「伊達綱村没後300年記念 お殿様の教養〜仙台藩の武家文化〜」の後期展が開かれている。前期(3月16日〜4月21日)の展示資料を一部入れ替えて展示している。伊達政宗が佐沼亘理家初代当主、亘理宗根に書いた和歌色紙、登米伊達家歴代当主の花鳥図や和歌短冊などが展示されており、古文書や書画などから仙台藩の武家文化について学ぶことができる。5月19日まで。


2019年4月の日記をすべて読む



shiromuku(cu)DIARY version 2.02