26477
バックナンバーニュース

2020年5月
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      






2020/5/27(Wed)
千葉謙澄の日本画寄贈(写真左)
 大崎市古川出身の日本画家、千葉謙澄(1920〜85年)が生前に描いた作品「集」と「寂」の絵画2点がこのほど、古川清滝地区公民館に寄贈された。寄贈したのは謙澄の次男清澄さん(故人)の妻、千葉裕子さん(64)。千葉さんは「訪れた人たちが日本画に興味を持つきっかけになれば」と話す。

学校生活「安全安心」に(写真右)
 加美、色麻両町の小中学校が授業再開した25日、加美署と地元防犯ボランティア団体は登下校時の「安全安心」確保に向け、見守り活動をスタートさせた。初日朝は署員のほか加美地区少年補導員協議会、防犯指導隊・実動隊のメンバーら計40人が参加。計13校の通学路沿いで児童生徒に目を配った。両町では4月上旬に新学期が始まったものの、新型コロナウイルスの影響で再び臨時休校に。全学年そろっての登校は約1カ月半ぶり。子どもたちの不安を和らげようと、参加者たちは一人一人と笑顔であいさつを交わした。

体育施設の利用再開
 新型コロナウイルス感染防止のため臨時休館していた大崎市内の体育施設が26日、制限付きながら利用を再開した。31日までは一部を除き原則として市内団体や市民限定で開放し、6月から市外の人も利用できるよう制限を緩和する予定。平日ながら再開を心待ちにしていた多くの市民が訪れ、久しぶりに心地良い汗を流していた。

弁当買い取り無料提供
 新型コロナウイルスの感染拡大と学校の臨時休校に伴い、大崎市古川のNPO法人Synapse40(シナプスフォーティー)は、地元飲食店のテークアト弁当を買い取り、必要とする子どもに無料で提供する取り組みを始めた。第1弾は古川支援学校と市内の特別支援学級が対象で、24日に1回目の受け渡しを実施。30日にも予定しており、28日まで希望者を募集する。

感染対策徹底「安心して来店を」
 新型コロナウイルスの感染拡大で理容店も影響を受ける中、大崎市と美里町の理容店計87店が所属する県理容生活衛生同業組合古川支部は、安心して来店してもらう独自の取り組みを行っている。感染対策としてこのほど、アルコール消毒液を各店に配布。今後は店の感染対策の徹底をアピールするポスターなども配り、利用客の安心につなげる。

長沼ボート場に新艇庫
 【登米支局】長沼ボート場(登米市迫町新田)に県が2019年夏から建設していた新艇庫がこのほど完成した。24日には指定管理者の県ボート協会役員らが集まって完成を祝福。既存の艇庫と合わせて収納力が大きく上がり、今後予定されている東京五輪のポーランド事前合宿などに活用する。


2020年5月の日記をすべて読む



shiromuku(cu)DIARY version 2.02