22926
バックナンバーニュース

2020年1月
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 






2020/1/22(Wed)
交通死亡事故抑止へ
 今月14日に大崎市古川稲葉字大江向の国道347号であった交通死亡事故を踏まえ、古川署と市、古川地区交通安全協会などの地元交通ボランティア各団体は20日、現場付近で緊急の街頭啓発活動を繰り広げた。この日の活動には総勢20人が参加。歩道に「高齢者・子供を交通事故から守ろう」の旗をずらりと掲げ、通行車両と歩行者に注意を呼びかけたほか、コンビニの客らに啓発グッズを手渡していった。しかし参加者たちが寒空の下で奮闘する間にも、何食わぬ顔で道路を横切って行く猊埒監声圻瓩了僂發△辰拭

出初式ではしご乗り披露
 涌谷町消防団の2020年出初式が19日、町勤労福祉センターで開かれ、消防団員ら約300人の出席者が防火・防災の誓いを新たにした。恒例のはしご乗りが披露され、妙技の数々に拍手が巻き起こった。同消防団は大崎地方で唯一、はしご乗りを披露するはしご班を有する。仙台市の若林消防団から技術を学んで十数年前に発足し、現在所属する乗り手は4人。今回は畑山浩幸さん(47)、木村秀政さん(34)の2人が高さ6メートルほどのはしごに登って演技した。

狢膾蠅諒甓从劼ら守れ
 26日は「文化財防火デー」。貴重な文化財を火災から守るため、この日に合わせて全国各地で訓練や査察が行われる。大崎広域消防本部の4消防署(古川、鳴子、加美、遠田)でも23日から火災防御訓練や予防査察などを実施し、地域の文化財保護の意識を高める。大崎管内では、24日に国指定史跡・名勝「旧有備館および庭園」(大崎市岩出山)で火災防御訓練などを行う。鳴子消防署岩出山分署や大崎市消防団岩出山支団、旧有備館職員など約50人が参加予定。一斉放水のほか通報や避難誘導、負傷者の搬送などを訓練する。

色麻町議選が告示
 任期満了に伴う色麻町議選(26日投開票)は21日、告示され、現行から3減の定数13に対し同日午後1時まで現職15、元職1、新人2の計18人が立候補を届け出た。5人超過となれば2000(平成12)年以来20年ぶり。5日間の短期決戦が幕を開けた。

ガンの編隊に大興奮
 大崎市古川のラムサール条約湿地、化女沼に飛来するガン類のねぐら入り観察会が18日行われた。親子ら約60人が双眼鏡などを手に観察し、化女沼の渡り鳥の生態を学んだ。化女沼の環境保全に努めているNPO法人エコパル化女沼が主催する環境教育「里地里山探検隊」の一環。この日、古川の夕方の気温は3度から2度。防寒着に身を包んだ親子らは、双眼鏡を手にガン類の犁宅瓩鯊圓繊遠くの空から編隊を組んだ姿が見えると「来たよ」と大興奮。沼を旋回した後、次々と着水するガン類を静かに見守った。

白鳥賞決まる
 【栗原支局】自然などをテーマにした自由詩コンクール、第21回白鳥省吾賞(栗原市、同市教育委員会、白鳥省吾記念館主催)の審査が9日行われ、一般の部最優秀賞に岩手県花巻市の照井良平さんの作品「訛る田んぼアート」が選ばれた。小・中学生の部最優秀賞には古川学園中1年、向井隆さんの「ヤマガラの声」が選出された。表彰式は2月23日、栗原文化会館で行われる。

室内楽でコンチェルト
 【栗原支局】けやきステージ2019「ピアノと弦楽四重奏 室内楽でコンチェルト!」(栗原市教育委員会主催、実行委員会主管)が19日、栗原市金成、けやき会館で開かれた。盲目の天才ピアニストと称される梯剛之さんと弦楽四重奏「アンサンブル☆ステラ」のステージで、県内外から訪れた聴衆は本格的なクラシック音楽を楽しんだ。


2020年1月の日記をすべて読む



shiromuku(cu)DIARY version 2.02