18499
バックナンバーニュース

2019年8月
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031






2019/8/26(Mon)
鳴子温泉コース 来月28日オープン
 コースを散策しながら自然の豊かさや歴史、人々の暮らしを肌で感じる「オルレ」の県内第2弾となる「大崎・鳴子温泉コース」が9月28日、大崎市鳴子温泉にオープンする。県は初日の参加者を募っている。

小4男女そろって「金」
 「第2回アジア・オセアニア空手道選手権大会」(17〜18日、タイ・バンコク)で、大崎地方の道場で腕を磨く笹原要悦(9)=岩出山小4年、日本空手協会岩出山支部=、柴田芽依那(10)=古川第三小4年、同加美支部=両選手が、それぞれ男女の年齢別個人組手を制した。ともに初出場での快挙だ。

「短歌甲子園」で健闘
 「短歌甲子園」(全国高校生短歌大会)が16日から3日間、岩手県盛岡市で開かれ、初出場の古川黎明高(大崎市)文芸部は個人戦で大会準優勝にあたる優秀作品賞を受賞、団体戦でも決勝トーナメントに進出するなど健闘した。

子にとって「安心感大切」
 子どもの不登校について理解を深める「第6回不登校を考える親の会」が24日、大崎市古川の大崎生涯学習センター・パレットおおさきで開かれ、自身も不登校を経験し、現在は鉄道写真家として活躍する武川健太さんが「〜夢をあきらめないで〜『不登校から鉄道写真家になったこと』と題し、講演した。

コケ玉作り 初心者が挑戦
 【黒川支局】コケブームの到来によって人気を集める「コケ玉」作りの初心者教室が23日、大衡村の大衡万葉の森であった。仙台市や東松島市などから約20人が参加し、簡単にできる作り方を学んだ。

鵜澤さん(築館高2年)に贈呈
 【栗原支局】栗原市は21日、沖縄市で開かれたインターハイ陸上男子100メートルと200メートルで2冠を果たした築館高2年、鵜澤飛羽さん(16)=栗原市高清水西善光寺=に「輝く日本一くりはら大賞」を贈った。鵜澤さんは10月、茨城県で開かれる国体に向け早くも練習を始めており、インターハイに続く連続日本一を目指す。


2019年8月の日記をすべて読む



shiromuku(cu)DIARY version 2.02