3834
バックナンバーニュース

2022年5月
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    






2022/5/25(Wed)
シャクヤクもうすぐ見頃
 色麻町愛宕山公園でシャクヤクが大輪の花を咲かせ始めた。23日現在、園内1万株の大半はまだつぼみ。今月いっぱい楽しめそう。シャクヤク畑があるのは世界農業遺産「大崎耕土」の田んぼにぽっかり浮かぶ島のような丘の上。過去2年は新型コロナウイルス感染拡大防止策として開花前に全て刈り取っていたため、この季節の園内開放は3年ぶり。

コロナ禍乗越え“音”一丸
 古川高吹奏楽部の第54回定期演奏会が22日、大崎市民会館で開かれた。部員59人が息の合った演奏を披露し、観客約400人を楽しませた。新型コロナウイルスの影響でことしも合宿やイベントの中止が続いたが、感染対策を徹底し開催にこぎ着けた。チケットは完売した。ステージは2部構成。第1部は、今年度吹奏楽コンクール課題曲「ジェネシス」や、歴代課題曲の中でも人気という「吹奏楽のための『風之舞』」など3曲を披露。部員たちは、リズムや音の強弱の変化も巧みに表現しながら一丸となって迫力ある演奏をした。

古川まつり 規模大幅縮小し開催へ
 新型コロナウイルスの影響で過去2年続けて中止された「おおさき古川まつり」(8月3、4日)について、主催する大崎市古川地域イベント連絡協議会は23日の会合で、大幅に規模を縮小して開催することを決めた。商店街にミニ七夕飾りを飾るのにとどめ、例年の出店やステージイベント、踊りや太鼓のパレードなどは行わない。おおさき古川まつりは大崎市古川地域最大の夏祭り。1947年、古川を巡幸された昭和天皇をにぎやかにお迎えしようと、商店街が中心となって七夕飾りを飾ったのが始まり。例年8月3、4日の2日間は、歩行者天国となった商店街を七夕飾りが彩り、多彩なステージイベントやパレードが繰り広げられ、多くの来場者でにぎわう。新型コロナの影響で2020年、21年は中止された。

カヤとサクラの「共生」撮影
 珍しい共生として知られる大崎市岩出山池月の「矢木のカヤ」(市天然記念物)とカスミザクラを写した写真の展示会が、地元のあ・ら・伊達な道の駅スパイラルホールで開かれている。ライトアップされた様子を切り取った作品が中心で、訪れた人たちを引きつけている。6月15日まで。カヤ(推定樹齢840年)は高さ約18メートル、幹周り約7・5メートルで、地上4メートルほどにカスミザクラが着生している。ライトアップは、地元の町内会「上宮協栄会」が4月23日から3日間実施。期間中に訪れた人は日中を含めると200人近くを数えたという。

県北部で13人感染
 県は23日、大崎市と大和町で各5人、登米市で2人、富谷市で1人の計13人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。第6波が本格化した1月22日以降では最少で、色麻町では4日連続、栗原市でも2日連続でゼロが続いている。しかし県全体は211人となり、16日(203人)より4%多かった。前の週の同じ曜日を上回るのは2日連続で、仙台市の保育施設やその周辺で感染が続いているとみられる。

60周年記念誌「ひまわり」完成
 【栗原支局】栗原地区更生保護女性会はこのほど、60周年記念誌「ひまわり〜明日へと笑顔で心つなぐ〜」を発行した。歴代の会員が活動してきた姿を豊富な写真で振り返るアルバムのような仕上がりで、新規会員に活動の主旨を伝える犹卜銑瓩箸靴討盂萢僂垢襦F渦颪錬隠坑僑映6月に築館署管内、同年9月に若柳署管内のオパール婦人会として誕生。2016年6月に現在の形になった。当初は集団就職した子どもたちを手紙で励まし、近年は更生施設へ成人式用の晴れ着を寄贈。地域の歴史や魅力を題材に制作した「栗原かるた」は学校や地域で活用されている。

栗原に学び直しの場開設
 【栗原支局】栗原ともに学び合う会は6月から、小中学校で十分学ぶことができなかった人向けに学び直しの場を設ける。漢字や文章の書き方、掛け算、割り算、小数、分数など、小中学校の国語や算数(数学)を中心に参加者の希望に合わせて手作りのプリントや教科書を使い、マンツーマンで支える方針で準備を進めている。


2022年5月の日記をすべて読む



shiromuku(cu)DIARY version 2.02