16391
バックナンバーニュース

2019年6月
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      






2019/6/20(Thu)
油彩画など新作63点
 大崎市の絵画愛好者団体「きが〜るアートDo」の絵画展が18日、大崎市民ギャラリー・緒絶の館で始まり、油彩画やパステル画が来場者の目を楽しませている。24日まで。同団体は2002年に設立。「きが〜る」は、フランスの画家シャガールと「気軽」をかけて名付けた。大崎市古川志田地区公民館で毎月第3日曜日に活動しているほか、年に1回のスケッチ旅行などを通して技術を磨き、親睦も深めている。絵画展はことしで17回目。会場には会員と講師の新作63点を展示。鳴子峡や岩手県一関市の猊鼻渓、美里町の梨園といった風景画をはじめ、人物や花をモチーフにした静物画などテーマはさまざま。80号の特大キャンバスに描かれた人物画は、ひときわ目を引いている。

「俳聖の火」栗原に
 【栗原支局】江戸時代の俳人・松尾芭蕉が俳諧紀行文「奥の細道」の旅に出てから今年で330年になるのを記念し、ゆかりの地のひとつである栗原市に16日、キャラバン隊が訪れた。生誕の地である伊賀(三重県)で採火された「俳聖の火」がシンボルモニュメントに分けられた。キャラバン隊は今後、大崎市岩出山などゆかりの地を訪問し、観光や交流の促進を図る。

大崎で初「彗星会議」
 全国の彗星研究者らが一堂に会した「第49回彗星会議in大崎」(同会議実行委員会、大崎地域広域行政事務組合教育委員会主催)が15、16の両日、大崎市内で開かれた。県内で5回目、同市内では初の開催。初日は同市古川の大崎生涯学習センター・パレットおおさきで、元仙台市天文台職員の小石川正弘さんの講演が行われ、一般市民にも公開された。「私が出会った彗星たち〜夜を楽しく〜」と題し講演した小石川さんは、中学時代から星空に興味を持ち、父親に買ってもらった望遠鏡で星空を見たり、同天文台へ通ったりするようになったことを説明。また、73年1月に自ら撮影に成功した11等星の天体が実は彗星で、先に「ヘック・サウス彗星」として登録されてしまった幻の狆石川彗星瓩世辰燭海箸鮠匆陝75年のウエスト彗星、97年にオーロラとともに撮影したへール・ホップ彗星など数々の彗星の思い出話も披露し、「観測を続けて良かったことは、世界中の彗星関係者たちと巡り会えたこと」と語った。

宮城県北部 震度4
 18日午後10時22分ごろ、山形県沖(同県酒田市の南西50キロ付近)を震源とする強い地震があり、新潟県村上市で震度6強を観測するなど、東日本の広い範囲で揺れを観測した。宮城県では大崎市などで震度4を観測した。気象庁によると、震源の深さは14キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6・7。大崎市内で2人、栗原市で1人が逃げようとして転倒し、軽傷を負った。古川地域の女性は右肩の打撲、田尻地域の女性は頭頂部の切り傷、栗原の男性は左手首などのすり傷。

火災想定し防災訓練
 大崎市社会福祉協議会が運営する同市古川の特別養護老人ホーム「楽々楽館」は14日、火災発生を想定した総合防災訓練を行った。関係団体なども参加し、避難経路や協力体制の在り方を確認した。この日は施設職員をはじめ、古川消防署、地元の消防団、婦人防火クラブなどから参加。施設の居室から火災が発生したという想定で訓練を行った。火災発生の知らせが鳴ると、職員や消防団員は自力での避難が困難な施設入居者の手を携えたり、車椅子を使ったりして駐車場に避難。併せて、職員は担当ユニットの避難状況などを自営消防隊本部に報告。参加者全員の避難が終わるまでに約16分かかった。今回の訓練を踏まえ、秋には夜間を想定した防災訓練を実施するという。

豊かな森の再生へ
 植樹を通して一般の人たちに水源地の森林保全について考えてもらうイベントが16日、大崎市鳴子温泉鬼首地区の牧草地(市有地)であった。参加者たちが広葉樹の苗木を植え、豊かな森の再生に向けて期待を高めた。全国の森林づくりなどを通じ、地域活性化や環境保全に取り組んでいるNPO法人「環境リレーションズ研究所」(東京都)と市が共催。5回目のことしは、公募で集まった約170人が参加した。植えたのは、オオヤマザクラやミズキ、ヤマザクラなど5種の苗木(高さ平均40〜50センチ)合わせて1000本。


2019年6月の日記をすべて読む



shiromuku(cu)DIARY version 2.02