151
バックナンバーニュース

2018年8月
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 






2018/8/17(Fri)
大崎地方 夏の成人式
 お盆の帰省に合わせた「夏の成人式」が15日、大崎市鳴子温泉地域と色麻町で行われ、大人の仲間入りを果たした新成人が自覚を新たにした。冬季の降雪などを考慮し、この時期に成人式を開催しているのは県内では同地域と同町のほか、七ヶ宿町だけで、約50年続く夏の恒例行事になっている。

沿道にヒマワリ満開
 大崎市古川、田尻両地域を結ぶ大崎北部広域農道沿いの休耕田約1700平方メートルに植えられたヒマワリが満開を迎え、通りかかるドライバーらの目を楽しませている。古川小野五区地区活動組織が、景観形成活動の一環として古川小野字須賀地内のほ場で、10年以上前から春の菜の花とともに栽培に取り組んでいる。

大輪咲く狎粁のまち
 お盆を彩る「かみ鳴瀬川大花火大会」が14日、加美町あゆの里田川公園で開かれ、夜空で咲き誇る約2000発の大輪に地元住民や帰省客が酔いしれた。旧中新田町時代から続く晩夏の風物詩。午後7時すぎの開幕から1時間余りで、炸裂音がずしんと響く迫力満点の尺玉、色とりどりの連発もの、水面で扇形を描く水中スターマインなど多彩な花火が次々と打ち上がった。

核兵器廃絶など訴え
 「終戦の日」の15日、平和を願う行事が全国各地で行われた。大崎市古川の吉野作造記念館でも「第22回平和のつどい」が開かれ、約60人が出席。恒久平和と核兵器廃絶に向け、決意を新たにした。正午に同記念館前に設置する「民本の鐘」の録音テープを流し、出席者全員で戦没者に黙とう。主催する市民グループ「ふるかわ平和のつどい」の会員が、「平和希求のまち大崎市宣言」と、合併前の「核兵器廃絶・平和のまち古川市宣言」を朗読した。

うぐいすの里夏まつり
 【栗原支局】うぐいすの里夏まつり(実行委員会主催)が14日、栗原市鶯沢幼稚園・保育所駐車場で開かれた。帰省客が多い時期とあって、会場は大勢の人でにぎわい、みんなで大きな輪になって盆踊りなど楽しんだほか、夜空を彩る約1000発の打ち上げ花火を観賞した。

米岡夏まつり 多彩にステージイベント
 【登米支局】登米市米山町の「米岡夏まつり」(同市米山公民館主催)が11日、米山農村環境改善センター前の特設会場などで開かれた。訪れた地域の子どもらは縁日コーナーで金魚すくいや水ヨーヨーつりなどで祭り気分を味わったほか、市内を拠点に活動する音楽家らのライブ演奏を楽しんだ。


2018年8月の日記をすべて読む



shiromuku(cu)DIARY version 2.02