24946
バックナンバーニュース

2020年4月
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  






2020/4/4(Sat)
大崎市の「宝磨き」へ
 大崎市の地域おこし協力隊員となった堀内大暉さん(26)と田邉香さん(45)への辞令交付式が1日、市役所で行われた。同市の協力隊員は4、5人目で、女性は田邉さんが初。堀内さんは観光振興の業務にあたり、田邉さんは鳴子こけし工人を目指して修業に励む。任期は同日から1年間で、最大で3年間務められる。

登米市民創作劇 無観客で上演 映像収録
 【登米支局】新型コロナウイルス感染予防対策のために公演中止を余儀なくされた登米市民創作劇「夢フェスタ水の里」は、3月7日に無観客で全編上演し映像に収めた。5月8、9、10日の3日間、登米市迫町の登米祝祭劇場大ホールで上映し、市民に作品を鑑賞してもらう。上映されるのは3月7、8の両日、同劇場で上演予定だった創作劇「『正義』受け継ぐ者たち〜津山イナイリュウの伝言〜」の映像記録。収録には役者のほか、舞台製作、運営設営などの作業に当たった全てボランティア参加者124人が立ち会った。上映開始時間はいずれも午前10時半。入場無料。ウイルス感染防止のため、観客数を毎回約100人に制限して上映する。来場者は劇場入り口に用意されたアルコール消毒液で両手を消毒してから入場。マスクは各自で用意する。

かわいい狎宗畛1
 大崎市が募集した「第10回おおさき観光写真コンテスト」の入賞作品13点が、このほど決定した。昨年5月1日からことし2月10日まで募集し、県内外59人から寄せられた185点の中から選出された。最優秀賞には、笹岡伸仁さん(福島県猪苗代町)の作品「まさむねさま」が選ばれた。最優秀賞に輝いた「まさむねさま」は、黒漆五枚胴具足と呼ばれる伊達政宗の甲冑レプリカを身に着けた男児6人が、毎年9月に岩出山地域中心部で開かれる「政宗公まつり」で堂々と歩く様子を捉えた。

宿泊業者が窮状訴え
 新型コロナウイルスの感染拡大で大崎市鳴子温泉地域の宿泊施設でキャンセルが相次いでいるのを受け、横山信一復興副大臣を招いての緊急要望懇談会が1日、市鳴子総合支所で開かれた。地元の宿泊業関係者が、急場をしのぐための融資の手続き簡素化や返済猶予などの対策を訴えた。鳴子温泉郷観光協会によると、鳴子温泉地域の宿泊施設は58軒あり、年間宿泊者数はバブル絶頂期の1990(平成2)年に最多120万人を数えたが、2018年は約60万人にとどまった。同ウイルスの影響で宿泊キャンセルは2月末現在で約7000人に上り、4月分の予約も「壊滅状態」という。

大崎市 入学式予定通り実施
 大崎市は、市立の小学校25校と中学校11校の入学式、幼稚園7園の入園式を、新型コロナウイルスの感染防止策を講じた上で予定通り8、9の両日に開くことを決めた。始業式も7日から10日にかけて実施する。3日に実施した第7回危機管理対策本部会議で教育部からの提案を了承した。入学式と入園式は、3月の卒業式や修了式と同様、式典はできるだけ時間を短縮する。いずれも入学児童生徒や入園児、教職員、市教委、保護者のみとし、来賓は招かず、上級生たちも出席しない。保護者の出席可能人数を1人と2人のどちらにするのかは、各校・園が規模を考慮して判断する。風邪のような症状があったり、式の2週間以内に東京など感染が拡大している地域へ出向いたりした保護者は出席させない。

宴会中心の旅館「影響大」
 県北部地方振興事務所は、新型コロナウイルスで大きく影響を受けている宿泊事業者へヒアリング調査を行った。湯治客中心の旅館は影響が少ないのに対し、宴会中心の旅館は「影響が大きい」と回答。古川駅周辺を中心としたビジネスホテルでも出張やスポーツ関連の利用が3月に入ってから落ち込んでいるという。対象は大崎1市4町管内の温泉旅館8軒とビジネスホテル7軒。ビジネスホテルでは建設業や製造業などの技術者の利用は感染拡大前と変わっていないが、営業など事務系の利用が大手企業の自粛の影響で大きく減少している。飲酒後に一泊する客も減り、3月の実績は例年と比べて3割減と答える事業者もあった。

栗駒岩ケ崎 まち歩きモニターツアー
 【栗原支局】栗原市栗駒岩ケ崎の六日町通り商店街で3月28日、まち歩きモニターツアーが行われた。昔懐かしい商店街の雰囲気と、起業やイベント企画といった新風の化学反応で市内外から注目を集める中、一歩踏み込み面白さを肌で感じてもらう仕掛けを模索している。この日は空き店舗をめぐり、店主の思いに触れた。2年以上前に閉店した建物などを訪ねては早くも起業イメージを膨らませ、今では珍しい乾電池の自動販売機も関心を集めた。

富谷の会社員陽性
 【黒川支局】県は3日、富谷市の40代会社員女性が新型コロナウイルスで陽性だったと発表した。ほかの感染確認患者との接触は今のところ確認されていない。県内での感染確認者は13人目になった。疾病・感染症対策室によると、会社員は3月27日に38度台の熱と嗅覚異常が出たため医療機関を受診。28〜30日に症状はなかったが31日に再び37・3度の熱が出て別の医療機関を受診したところ肺に炎症が見つかり、4月2日に帰国者・接触者外来を受診して3日にPCR検査で陽性と判明した。


2020年4月の日記をすべて読む



shiromuku(cu)DIARY version 2.02