8278
バックナンバーニュース

2018年12月
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     






2018/12/15(Sat)
25メートル巻きずし作る
 【栗原支局】くりこまこどもまつり(青少年のための栗原市民会議栗駒地区会主催)が9日、栗原市栗駒みちのく伝創館で開かれた。氷点下の気温で雪がちらつく中、家族連れなど約500人が参加し、地元商店や企業、各種団体、ジュニアリーダーが趣向を凝らした体験メニューを楽しんだ。メインイベントは、参加者約100人による「みんなで巻きずし」。婦人会が用意した卵焼き、キュウリ、ウインナーなどをすし飯に並べ「せーの」の合図で一気に巻き上げ、過去最高25メートルを完成させた。このほかクリスマスツリー作り、ピエロのショーも来場者を楽しませた。

冬至かぼちゃまつり
 大崎市田尻地区公民館で13日、「冬至かぼちゃまつり」が開かれた。地区の住民や田尻幼稚園園児ら約90人が参加し、蒸したカボチャや小豆などを味わった。冬至カボチャをひと足早く食べ、風邪をひかず冬を乗り切ろうと、以前は地元の老人クラブ・田尻福寿会が開催。同会解散後の2016年から同地区館指定管理者、田尻ほなみ委員会が引き継いだ。同地区婦人会会員たちが、地元産食材で冬至カボチャを調理。カボチャの自然な甘みが引き立つよう、蒸してから砂糖と塩を振りかけ、小豆を乗せたシンプルなものにし、豚汁と一緒に振る舞った。

日本善行会表彰受ける
 日本善行会「第68回秋季善行表彰式」が11月17日、東京・明治神宮参集殿で開かれ、大崎市三本木の「三本木地域交通安全ボランティア」が事故防止活動で表彰された。事故防止での県内被表彰者は7者、団体は同ボランティアのみ。佐藤代表らは13日に市役所を訪ね、伊藤康志市長に受賞を報告した。同ボランティアは、「交通指導隊を引退後も地域貢献したい」と考えた元隊員や賛同者たちが2006年5月に結成。三本木小児童の登下校時に通学路へ立って見守り活動をするほか、交通安全教室へ支援参加し、小中保護者向けに送迎ルールを示したパンフレットも作製。道幅が狭く危険な通学路の安全確保のため古川署など関係機関と協議し、車道と歩道を視覚的に分ける「グリーンベルト」設置につなげた。

イルミネーション華やかに
 大崎市松山の中央商店街をイルミネーションが彩っている。商店街の店や住宅の壁、公園などに色とりどりの電飾が飾られ、道行く人の目を楽しませている。イルミネーションは、地域活性化を目的に大崎商工会松山支部が3年前に開始。商店街に立ち並ぶ38店舗や個人宅3軒などが協力し、商店街を明るく照らしている。メインは、商店街に接しているポケットパークに設置されたペットボトルタワー。ことしは9団体が手掛けた10基のタワーがお目見え。多色投光器を取り付けた大小さまざまな円すい状のタワーが、暗闇の中で赤やピンク、青、緑など12色のきらびやかな光を放っている。

シェークスピア 東北弁で
 古川学園中1、2年生計109人は8日、東北弁を使ったシェークスピア演劇を保護者らに披露した。現2年生が前年度に学園祭で上演したのに続き、2年連続で挑戦した。1年生52人は、喜劇「夏の夜の夢」の舞台を松島にし、ホヤやカキの妖精も登場する「松島湾の夏の夜の夢」に挑戦。2年生57人は、「ロミオとジュリエット」を鳴子温泉風にアレンジし、対立するホテルと旅館の経営者一家の息子と娘が恋に落ちる「新ロミオとジュリエット」を上演した。両作品とも「見てみらいん」「認めてけろって」「やんだ、やんだ」など、東北地方で使われる方言を織りまぜながら進行。

介護の現場で活躍を
 大崎市社会福祉協議会は5日、介護職員初任者研修修了者の修了式を古川保健福祉プラザ(fプラザ)で開いた。20〜60代の受講生10人が3カ月に及ぶ研修を終え、介護の現場へと巣立って行く。受講生たちは介護従事者や医師らを講師とする座学、さらに社協施設での実技研修を経て、この日を迎えた。受講の動機はスキルアップや自宅介護、資格取得などさまざま。遠藤敏榮会長から「身に付けた知識と技術を生かして活躍を」と激励され、一人一人に修了証が手渡されると、充実感をにじませた。

狆造侶鱈甞萢僂亡待
 【栗原支局】栗原市と登米市にまたがる伊豆沼で、バス駆除によって復活した在来エビ類が増えている。エビ類はバスによって影響を受けやすく、回復が進んでいることから、えび餅やかき揚げなどいろいろな利活用が地域で期待されている。


2018年12月の日記をすべて読む



shiromuku(cu)DIARY version 2.02